無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「料理の腕、上がった?」家族絶賛のかぼちゃ煮、秘密は鍋でした

レシピ

毎日のごはん作り、大変ですよね。おいしくて栄養のあるものを作りたいけど、もっと簡単にできたら……と思いませんか? そこで今回は、無水調理用鍋を使ってラクなのに本格的に仕上がる「かぼちゃのそぼろ煮」「しょうが焼き」のレシピを紹介します。

家での食事がふえている昨今、毎日のごはん作りにちょっとお疲れではないですか? 家事や仕事に追われる中、毎日何種類もおかずを作るのは大変です。

そんななか、ある程度料理道具に調理を任せられる「ほったらかし料理」が人気を集めています。

ほったらかし料理のいちばんのメリットは、台所につきっきりでいる必要がないこと。空いた時間に別のことができます。

・調理がスピーディにできる
・空いた数分でほかの家事ができる
・火加減を気にする心配なし!
・蒸すから食材が柔らかくなる
・洗い物が少なくて済む

無水調理用鍋は厚みがあり重いので、鍋の中が密閉状態になりおいしさを逃さないのが特長。フタをしたあとは食材に触らずほったらかしにできるので手間がかからず、煮崩れもありません。昼や夜のメイン料理に最適です!

メリット :水を加えないので食材のうまみが凝縮
デメリット:鋳鉄タイプだと3kg以上あって重い

大人気のストウブと格安無水鍋を比較したところ、やはりストウブはベストの評価でした!

ストウブ
ピコ・ココット
ラウンド 20cm グレー
実勢価格:2万3480円
鋳鉄(ほうろう加工)

▼テスト結果
ご飯の味 :◎
玉ねぎの味:◎
沸騰時間 :◎
温度のムラ:◎

人気のストウブ「ピコ・ココット ラウンド20cm グレー」は約2万円と高価で、鋳物製で重いため取り扱いもラクではありません。

でも、その重さと厚みのため温度変化は安定しており、初心者でも調理の失敗はしにくいです。ご飯を炊いたり玉ねぎを炒めたりしてみると、素材のよさを十分に引き出してくれました。一生モノのお鍋としておすすめです。

それでは、料理研究家・大橋由香さんに教えてもらった無水調理用鍋レシピ「かぼちゃのそぼろ煮」「しょうが焼き」をご紹介します!

かぼちゃから出る水分が再びかぼちゃにしみ込むため、落としブタは不要。すぐに食べることもできますが、フタをして冷めるまでおくことで、甘みがさらに深くなり、おいしさが増します。

かぼちゃはホクホクしていて、しょうゆで味つけされた鶏ももひき肉の旨みも味わえます。

<材料>※4人分
・かぼちゃ……1/6個(250g)
・鶏ももひき肉……200g
・しょうゆ……大さじ2
・みりん……大さじ2
・片栗粉……大さじ1
・水……大さじ2

<作り方>
1:かぼちゃは種とわたを取り、皮付きのまま一口大に切ります。
2:鍋にしょうゆとみりんを入れて中火で熱し、沸騰したら鶏ももひき肉を入れて混ぜます〈a〉。

鶏ももひき肉を炒めます。

3:ひき肉がポロポロになったらかぼちゃを入れてひと混ぜし〈b〉、フタをします。

かぼちゃを入れて混ぜます。

4:フタのすき間から蒸気が出たら極弱火にし、10分加熱します。
5:火を止め、フタの裏の水滴を鍋に戻し入れ、ひと混ぜし、水溶き片栗粉でとろみをつけます〈c〉。

片栗粉でとろみをつけます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ