無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ときめくデザインと収納力で心も整うサニタリー

インテリア

照明や水栓のデザインも自分好みにカスタマイズ。使うたびにときめく洗面台があれば、毎日の身支度も楽しくなりそうです。

[Case4]爽やかブルーとゴールドで西海岸風デザインに

西海岸テイストが大好きなカップルの住まい。洗面台も爽やかなリゾート感にこだわって素材やパーツをセレクトしました。

朝のシャワーを終えて髪を乾かす時、スキンケアする時……いつでも大好きなカリフォルニアを思い出せる空間に。

ブルー×ホワイトのタイルとゴールドの蛇口の組み合わせ、ナチュラルな木材カウンター。リノベーションなら、タイルの色味ひとつ取っても好きなものを選べます。

プランナーとあれこれ案を出し合いながらパーツを選んでいく楽しさは、リノベーションならではの醍醐味です。

[Case5]ホテルライクな洗面を目指したモノトーンな空間

天井のモルタルを生かして、グレイッシュなサニタリーに仕上げました。大きな洗面台があれば、手洗いの洋服もジャブジャブ、思い切り洗濯できそう!

シンプルな黒い水栓、フラットな造作収納のおかげでよりスッキリした印象に。

リノベーションなら収納設備も思いのまま。造作棚をたっぷり用意して、生活感の出るアイテムを上手に隠すことができます。特に気になる脱衣所まわりはロールカーテンをおろせばOK。

ストレスフリーに、ホテルのような水まわりを保つことができます。

[Case6]玄関すぐの手洗い場は可愛く、飾るように

北欧雑貨を愛してやまない夫婦の住まい。廊下のコーナーを生かして小さな手洗い場をつくりました。ホワイトのハニカムタイルと、ガラスの洗面ボウルでラボや理科室のような雰囲気に。

丸い洗面ボウルは水流がうずまき状になって汚れがつきにくくなるメリットも。コンパクトな手洗い場にも花や小物を飾れるよう、タイルの上にちょっとした棚を作る工夫を凝らしています。

毎日使う場所だからこそ、こだわる人が増えている洗面スペース。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ