無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イメチェンしたい♡すぐに真似できる「冬ボブ」カタログ&アレンジ術

11月に入り、季節は一気に冬モード。冬のからっ風で髪の毛がバッサバサ…そんな人はいませんか?空気が乾燥する季節は、スタイリングもお手入れも楽チンな「ボブ」がオススメですよ。

2018年11月
ヘアスタイル

寒くなったらボブにしよう!

「え?短くしたら寒いのに!?」そう思う人も多いかもしれませんね。確かに、首回りがスースーするのは事実。でもその分、冬のファッションを思う存分楽しむことができるんです。どういうことでしょうか。

hair.cm

寒い季節に欠かせないマフラーやストール、ボリュームネックのトップス…とても暖かいのですが、悩ましいのが静電気。また、マフラーに押しつぶされて、せっかくセットしたスタイルもペッタンコに。悲しいですよね。

hair.cm

一方、首元がスッキリしているボブなら、静電気も乱れも気にせず可愛くオシャレを楽しむことができますよ。今回は、すぐにマネできるスタイルと、そのアレンジ術をご紹介します!

※スタイルの後ろの数字は、後半で紹介するアレンジ術の数字と一致しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

大人ですから♡色っぽボブ

立ち上げバング④+ミックス巻き②

hair.cm

ボブならワンレングスでも重たくなりすぎません。前髪も含め、真ん中から毛先だけナチュラルなウェーブを意識したミックス巻きにするのがオススメです。カラーは赤みのあるブラウンにすると、グッと大人っぽくなりますよ。

外ハネ①+片耳出し

hair.cm

片耳を出すことで、アゴから首筋の色っぽいラインをアピールすることができます。カジュアルなイメージの外ハネボブもこの通り。前髪が短めな人は、深い位置からサイドの髪をグイッと前に持ってくると◎。

エアリーな内巻き③+ダークカラー

hair.cm

キュートな印象の内巻きボブも、ダークカラーなら大人モードにシフト。表面の髪だけを手でワシャワシャと揺すってエアリーに仕上げれば、アンニュイな雰囲気でハードなジャケットとも相性抜群です。

可愛さも必要です!キュートボブ

重め+シースルーバング④

hair.cm
記事に関するお問い合わせ