無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ボブさんの“困った”を即解決!毎日のヘアアレンジに役立つワザ10連発

ヘアスタイル

①毛先を長めに残して三つ編みやロープ編みをストップする。
②毛先を輪っかのお団子にする。
③強度を高めるため、さらにもう1本ゴムを使って留める。
④続きのアレンジを進める。

5:一つ結びの毛先がキマらない…

ギリギリひとつ結びにできる長さのボブさん。束ねてみたものの、毛先が散らかって残念なシルエットに…という方も多いよう。あらかじめ毛先を巻いてから束ねれば、絶妙なニュアンスの大人可愛い毛先に仕上がりますよ。

①毛先を外ハネに巻く。
②表面の髪は波巻きにする。
③全体にワックスをなじませる。
④ひとつ結びにしてほぐす。
⑤毛束の下側を外ハネ、上側を内巻きにして整える。

6:お団子のボリュームが出ない…

小さく貧弱になりがちのボブさんお団子も、ちょっとしたテクニックでフワッと大きく仕上げることができるんです。ポイントは、お団子の中から髪を引き出すこと。左右に引き裂くように引っ張ります。

①輪っかのお団子を作る。
②土台をほぐす。
③お団子の中から髪を引き出し、左右に引っ張るようにほぐす。
④引っ張る位置を変えて、たっぷり引き出す。
⑤襟足も軽くほぐしておく。

7:マスクのせいで後れ毛がキマらない…

通常なら可愛い後れ毛も、ボブレングスゆえマスクのゴムに絡んで台無しになることも。一体どこに後れ毛を出したらいいの?という声もチラホラ。マスクの紐にかかってしまう“もみあげ”の後れ毛は、耳にかけてスッキリさせるのがポイントです。

①いつも通りまとめ髪のアレンジを済ませる。
②こめかみから、1cm幅で薄く後れ毛を出す。
③こめかみより2~3cm上の位置からも後れ毛を出す。
④もみあげの後れ毛は耳にかけてすっきりさせる。

8:キャップの時のアレンジがわからない…

キャップをかぶるんだから、とりあえずひとつ結びでOK、なんて方はいませんか?ここはオシャレ女子の腕の見せどころ。キャップから見える部分をしっかりアレンジしましょう。アレンジと言ってもゆるく引き出すだけなので簡単ですよ。

①両サイドを残して輪っかのお団子にする。
②両サイドの髪をそれぞれねじりながらゴムに巻きつけてピン留めする。
③土台とお団子をほぐす。
④キャップをかぶって、見えている部分をたっぷりほぐす。

9:襟足の髪が落ちてくる…(ポニーテール編)

首元が詰まるファッションが増える秋冬は、高い位置で束ねるアレンジが似合います。とはいえ、ボブさんの場合、襟足の髪がパラパラと落ちてくるのがネック。そんなときは、すっきりとまとまる、くるりんぱの逆バージョン“逆りんぱ”がオススメです。

記事に関するお問い合わせ