無料の会員登録をすると
お気に入りができます

昭和の団地が令和に生まれ変わる! 「団地リノベ」の事例を紹介

インテリア

Instagramでも生活を投稿されているので、チェックしてみて下さい。

一人暮らしのケース

画像提供:t_cさん(https://www.instagram.com/t_cheeeee/)

不動産会社によってフルリノベーションされた団地を購入し、一人暮らしをしている方です。

物件探しから購入までの流れや、購入した2LDKの物件での生活を投稿されています。

こちらはリビングの画像。

購入後に壁を緑から白へとリノベーションし、築40年以上とは思えないパステルカラーを基調とした素敵なお部屋となっています。

不動産会社によりフルリノベーションされている団地であれば家具や設備が新しくなっており、綺麗な状態の物件を購入できます。

また、3LDKなど家族向けの間取りを無理矢理詰め込まれていた昭和の団地が、令和に多い単身者の暮らしに合わせた間取りにリノベーションされ、広々とした空間となっている物件も多いです。

画像提供:jamさん(https://www.instagram.com/jam_154/)

築48年の団地で一人暮らしされている方の投稿です。

不動産業者の団地リノベーションプロジェクトでリノベーションされた団地での暮らしを満喫されています。

昭和の団地の名残である段差に、愛しさを感じながら生活している様子が伺えます。

こちらも築48年には見えない、個性的で素朴な雰囲気のお部屋です。

二人暮らしのケース

画像提供:mgm_cozyさん(https://www.instagram.com/mgm_cozy/)

築40年の団地に2人暮らししている方のセルフリノベーションの記録です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ