無料の会員登録をすると
お気に入りができます

紅葉露天に彼と二人っきりになれる露天風呂付き完全個室も!デートで行きたい神奈川の日帰り温泉5選

紅葉も見頃を迎え、少しずつ肌寒さを感じ始めるこの時期、心も体もあったかくなれる温泉デートはいかがでしょうか?絶景の天然温泉でリラックスすれば、二人の距離もグッと深まり、素敵な時間が過ごせるハズ。都心から日帰りできるのに、旅行気分もしっかり味わえちゃう箱根・湯河原・湘南・川崎のイチオシ日帰り温泉をピックアップします。

おでかけ

箱根てのゆ/箱根の自然の中で楽しむ名湯と料理で、心も体もハッピーに

箱根登山鉄道・宮ノ下駅から徒歩約15分の場所にある「箱根てのゆ」。ここは、箱根の真ん中ともいわれ、人気観光スポットと一緒に温泉も楽しめる絶好の場所。館内の至る場所から箱根の山々を見渡すことができ、雄大な自然を感じながら、江戸より伝わる「箱根七湯」の一つ「底倉温泉」を堪能することができます。

内湯には「桧風呂」と「泡風呂」があり、開放感にあふれています。泉質はナトリウム-塩化物温泉で、肌にやさしく美容効果が高いそう。日頃の疲れをとりながら、つるつる滑らかな“美ボディ”もしっかり手に入れちゃいましょう。

露天風呂は、100%源泉掛け流しで楽しめる2種類の「岩風呂」に加え、「石風呂」「樽風呂」「壺風呂」「寝湯」と超豪華!のんびり贅沢な時間を過ごせます。

二人っきりの温泉デートを味わいたいなら、「露天風呂付き貸切個室」(平日:2時間1名3,400円、土・日・祝日:2時間1名4,000円 ※別途、入館料が必要)がオススメ。庭園を抜けた離れにたたずむ6畳の個室は、全部で3室。それぞれの部屋には、内湯の他に「桧風呂」「壺風呂」「岩風呂」と異なる露天風呂が付いているので、お好みで部屋を選べるのも魅力です。

箱根てのゆの公式ホームページから予約ができる食事付きのお得なプランもあるので、さっそくチェックを。いずれも人気が高いので、早めの予約がベストです。

また、1階にある食事処の「箱根路」は、お風呂に負けない絶景ポイントでもあるんです。ゆったりと景色を眺めながら、箱根山麓豚や相州牛(そうしゅうぎゅう)、ニジマスなど地元の素材を使用した絶品料理を、ぜひご賞味あれ。平日の利用なら、「箱根山麓豚と野菜のしゃぶしゃぶ御膳付きプラン」(1名3,000円、レンタルタオル・バスタオル付き)が人気です。

大自然の中、歴史ある名湯と美味しい料理で心も体もリフレッシュ♪忙しい日々から少し離れ、癒しの箱根デートはいかがでしょうか?

箱根てのゆ
住所:神奈川県足柄下郡箱根町底倉555
電話番号:0460-86-1026
営業時間:平日11:00~19:00(最終受付18:00)、土・日・祝日 11:00~20:00(最終受付19:00)
利用料:大人[平日]1,300円、 [土日祝]1,700円 ※別途レンタルタオルセット(バスタオル・フェイスタオル)300円、フェイスタオル販売200円、館内着レンタル500円
定休日:不定休
最寄駅:宮ノ下

箱根湯本日帰り温泉 和泉/レトロなおしゃれ空間で、温泉旅行気分を味わう

箱根登山鉄道・箱根湯本駅から徒歩8分の場所にある「箱根湯本日帰り温泉 和泉」。現在は日帰り専用の温泉施設ですが、もともとは箱根湯本温泉の歴史とともに始まった老舗旅館です。館内にはレトロテイストな調度品がずらりと並び、旅館当時の趣がそのままに。昔ながらのノスタルジックな気分を味わいたいカップルにもオススメです。

ふと壁面に目を向けると、何やら大きな穴を発見!これは、奥行き56mもの洞窟の入口で、明治時代からある横穴式の源泉跡。当時は手掘りで掘り進め、岩盤の亀裂を通して自然に湧出してくる温泉を集めて利用していたそうなんです。貴重な歴史を目の前に、温泉への期待もぐっと高まります。

男湯と女湯が日によって入れ替わる天然温泉は、「早雲の湯」と「権現の湯」の2種類。打たせ湯や洞窟風呂がある「早雲の湯」の内湯・古来湯は、箱根温泉発祥の源泉を主に使用しています。これは現在、箱根で最も古い源泉(第9号源泉)なのだそう。

女性建築家のデザインという浴室は、出入り口や壁、円形のお風呂にいたるまで、実におしゃれな雰囲気です♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ