無料の会員登録をすると
お気に入りができます

恋もホラーもファンタジーも!世界観がクセになる11月の最新映画をピックアップ

エンタメ

2016年に発売された新鋭作家・三秋縋による「恋する寄生虫」が原案となる本作。人が恋に落ちるのは虫の仕業だった!?もしかすると現実的にあり得るかもしれないと思わせる、ファンタジックでリアル、切なくも美しいラブストーリーです。

©2021「恋する寄生虫」製作委員会

極度の潔癖症・高坂賢吾を林遣都さん、視線恐怖症で不登校・佐薙ひじりを小松菜奈さん、人気俳優二人の記念すべき初共演作にして主演作です。運命か、偶然か、それとも虫の仕業かーー今までに味わったことのないような異色の物語を、ぜひ劇場で堪能して。

あらすじ

©2021「恋する寄生虫」製作委員会

極度の潔癖症で人と関わることができずに生きてきた青年・高坂賢吾(林遣都)。ある日、見知らぬ男から視線恐怖症で不登校の高校生・佐薙ひじり(小松菜奈)と友だちになって面倒をみてほしい、という奇妙な依頼を受ける。

©2021「恋する寄生虫」製作委員会

露悪的な態度をとる佐薙に辟易していた高坂だったが、それが自分の弱さを隠すためだと気づき共感を抱くように。やがて二人はクリスマスに手をつないで歩くことを目標にリハビリをスタートさせる。世界の終わりを願っていたはずの孤独な二人はやがて惹かれ合い、恋に落ちていくがーー。

予告編をチェック!

キャスト・概要

林遣都 小松菜奈、井浦新、石橋凌 ほか

公開日:11月12日(金)全国ロードショー
原案:三秋 縋「恋する寄生虫」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
監督:柿本ケンサク
脚本:山室有紀子
配給:KADOKAWA

『恋する寄生虫』

『聖地 X』11月19日(金)劇場・配信同時公開

オール韓国ロケで臨んだエクストリームホラー

©2021「聖地 X」製作委員会

超常的な世界観で人気の劇団・イキウメの舞台を原作に、驚異の大ヒット『犬鳴村』『樹海村』『牛首村』のプロデュースチームが企画し挑んだ世界照準のホラー!オール韓国ロケ、日韓融合チームによる最恐の映画が誕生しました。

©2021「聖地 X」製作委員会

主人公の山田輝夫に岡田将生、輝夫の妹・要に川口春奈。さらに、緒形直人や真木よう子といった豪華キャストに加え、韓国からも実力派キャストが集いました。世界で注目を浴びる韓国映画界のクオリティに昇華されたホラー体験を味わって。

記事に関するお問い合わせ