無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたのお尻はどのタイプ!?“タイプ別”美尻を手に入れるトレーニング

美容

日本人にとって魅力的な美尻の条件とは!?

これまで日本では、“小さいお尻”が理想とされてきましたが、最近では欧米人のようなプリッとボリュームのあるお尻に憧れる人が増えていますよね!とにかくいろんなヒップアップトレーニングを行う方もいるのですが、自分に合っていないトレーニングはただの大きなお尻を作ってしまうことに・・・。

手に入れたいのは“自分の体型に合った美尻”のはず!ということで、まずは美尻の条件4つを見ていきましょう!

美尻の条件(1) :「黄金比バランスが取れているか」

まず最も重要となるのが、自身のお尻が自分の体型に合ったサイズであるかどうかです。これは、「身長」「ウエストサイズ」の2つから、理想的なヒップサイズを算出することができます。

《身長とのバランス》

一般的に美しく見えるとされているヒップサイズは、「身長×0.53」という式で算出できます。

例えば身長157cmの人なら、「157×0.53=83.21cm」なので、83.21cmがベストヒップサイズということですね!イメージしやすいよう、多くの女性たちが憧れるボディの持ち主、中村アンさんを参考に見てみましょう。

公表されている情報を元に勝手ながらも理想のヒップサイズを計算させていただくと・・・「身長161㎝×0.53=85.33 cm」。実際に公表されているサイズはというと・・・なんと“86㎝”!!たった0.67 cmの誤差とはさすがです!まさに理想的なヒップですね!!

《ウエストとのバランス》

もう1つ見た目に大きく影響してくるのがウエストとのバランスです。身長とヒップサイズが同じくらいの方でも、ウエストのサイズによって見た目がかなり違ってきます。理想的なウエストとヒップのバランスは以下の通りです。

・横から見たときの厚みのバランス:ウエスト1に対してヒップは1.3 ・正面から見たときの横幅のバランス:ウエストに対してヒップは1.4

美尻の条件(2) 「ツンと上向きハート型ヒップ」

黄金比バランスと同じくらい大切な美尻のポイントは、「ツンと上向き」であること。これは体型の違いなど関係なく、魅力的なお尻の共通点です。横から見てぺたんこなお尻や、ヒップのふくらみはあっても、その頂点の位置が低いお尻もNG。

キュッと内側に引き締まった、立体的ながらも小さいハート型ヒップが日本人の体型に理想的な形と言われています。

美尻の条件(3) 「ヴィーナスのえくぼ」

ヒップと腰の境目あたりの位置に、背骨を中心として左右一つずつできるくぼみが“ヴィーナスのえくぼ”です。

スーパーモデルであるヴィクシー・エンジェルたちやミランダカーさんを始めとする海外セレブたちも意識してボディメイクしているパーツで、日本でも泉里香さんが、ヴィーナスのえくぼ作りにこだわったトレーニングをしているとテレビで公開したことをきっかけに話題になりました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ