無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[宿泊レポ]茶道のおもてなしの心で、新しい京都の魅力を発信する「アゴーラ 京都烏丸」

旅行・おでかけ

四条烏丸から少し西、町家やオフィスが建ち並ぶ古い町並みにとけこむように、2021年4月30日にオープンしたホテルが「アゴーラ 京都烏丸」です。茶道のもてなしがある邸宅(茶邸)をコンセプトに、和の趣きが感じられる館内はホッとくつろげる空間。京都のまちを回遊する観光拠点として、ときには大切な記念日や自分へのご褒美にと、至福のステイが早くも話題です。

コンセプトは「茶邸」。和の趣きをスタイリッシュに表現

京都市営地下鉄「四条」駅から、のんびり歩くこと約6分。にぎやかな四条通から南に少し入ると、優美な数寄屋づくりの「アゴーラ 京都烏丸」に到着です!

エントランスを抜け、アプローチを進むとほのかに漂う優しい香り。さりげなく置かれた茶香炉の演出に旅の疲れが癒やされ、期待に胸が高鳴ります。

京都の山並みをテーマに、筆の流れをそのままレリーフにした「やまのは」

ロビーをはじめ、館内のあちらこちらで出合うオブジェは、京都の伝統工芸をベースに西洋のモダンさも感じさせてくれる作品ばかり。

盆地である京都を囲む山々をイメージしたオブジェ

ホッとする和の趣きと、スタイリッシュなテイストとの融合。伝統を大切にしながら新しいものを取り入れてきた、京都そのものを表現しているのですね。

「一期一会」を大切に。思い思いのときが過ごせるラウンジ

ホテルのコンセプトである茶釜がゲストをお出迎え

茶道に通ずる「一期一会」にちなんだラウンジの名は「Ichie・Lounge(いちえ・ラウンジ)」。異なる雰囲気の3つのスペースからなる、ゆったりとした空間です。
コーヒーやケーキセットなど、ゲスト以外の喫茶利用もOK。スタッフによるお点前が間近で見られる「いちえセット」(1200円)は、香り高い抹茶とお菓子が好評です。

タンブラーに注いでお部屋へ持って行けるのもうれしいサービス

おしゃれなカウンターの上にはウェルカムドリンクをスタンバイ。日替わりのデトックスウォーター、京都のお茶、シェフ特製のお出汁まで!滞在中は何度でもいただくことができますよ。

PCを使ってのリモートワークや、打ち合わせにも快適です

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ