無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[宿泊レポ]茶道のおもてなしの心で、新しい京都の魅力を発信する「アゴーラ 京都烏丸」

旅行・おでかけ

四条烏丸から少し西、町家やオフィスが建ち並ぶ古い町並みにとけこむように、2021年4月30日にオープンしたホテルが「アゴーラ 京都烏丸」です。茶道のもてなしがある邸宅(茶邸)をコンセプトに、和の趣きが感じられる館内はホッとくつろげる空間。京都のまちを回遊する観光拠点として、ときには大切な記念日や自分へのご褒美にと、至福のステイが早くも話題です。

■Ichie・Lounge(いちえ・ラウンジ)
営業時間:10~22時 ※宿泊客は24時間利用可
定休日:なし

スタッフやゲストおすすめの観光情報

「アゴーラ 京都烏丸」のユニークな試みである「まちごころマップ」。茶邸の円窓を思わせるまるい窓には、京都市内近隣の全体MAPが描かれています。
スタッフいちおしの見どころや、ゲストが訪れたおすすめのお店などを付箋に記し、ピンナップして完成させていくオリジナルの地図!ガイドブックとはまた違った、旬の情報を参考に旅のプランをするのも楽しそうですね。

シンプルかつ機能的、シーンに合わせて選べるゲストルーム

スーペリアーキング

それでは、お部屋をご紹介していきましょう!日本の客間を思わせる、全140室の客室をもつ「アゴーラ 京都烏丸」。2~10階まで、シーンに合わせた4カテゴリーのゲストルームが迎えてくれます。

シンプルで使い勝手のよい「スーペリアーキング」(ベッドが2つのタイプは“ツイン”)は、快適に過ごすための工夫が随所に感じられる、スタンダードなお部屋です。

ベッドサイドのテーブル&椅子で、お茶を飲んだりPC作業をしたり

枕元には、電源やUSBポートを完備。ベッドヘッドのレリーフは、縁起がよいとされている亀甲文様の中でも特徴的な「毘沙門亀甲」を日本の伝統色で表現しています。

大画面のテレビは壁面に

YouTubeのほか、NetflixやAmazonプライムなど、ゲストが契約している動画配信サービスを思う存分視聴することができるスマートテレビ。Bluetooth接続で上質な音楽を楽しめる、サウンドバーもぜひ。

コーナーツイン

靴を脱いで、まるでわが家に帰ってきたかのようにくつろげる「コーナーツイン」。ソファベッドを利用すれば3名まで宿泊可能です!
たたみの香りに癒やされるこちらのお部屋は1フロアに1室で、リピートするゲストが多いそうです。

ユニバーサルルーム

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ