無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この手があったか…![1年中使える!?ツリー]狭い家でも「憧れインテリア」が超お手軽

インテリア

こんにちは、ライターの池田奈未です。

大きなクリスマスツリーは幼い頃からの憧れです。自分が買ってもらえなかった分、娘には用意してあげたいなあとずっと思っていました。
しかしわが家は手狭な一軒家。どこに置くの?どこに片付けるの?それを考えるとなかなか手を出すことができず……。

そこで作戦を変更することに。
今年登場した「kukka ja puu(クッカヤプー)」のクリスマスツリーはタペストリータイプ。これなら飾るのも収納するのもコンパクトです。

よし、今年のクリスマスはこれで思う存分楽しむぞ〜!

存在感のあるオリジナル北欧風ツリー

素朴な手書きタッチのモミの木は、インターネットショップ「アンジェ」のオリジナル柄。北欧ライクな温かみのある仕上がりです。このツリーを娘と一緒に飾り付けていきます。

手持ちのオーナメントをペタペタ。オーナメントが軽ければ、マスキングテープで留められます。あっという間に貼り終えてリビングに飾ってみると、

「うわあ〜、大き〜い!」
子どもの目線だと、大人の感覚よりも、きっとずっと立派なツリーに見えているんだろうなあ。

布地は厚みのあるポリエステル製で、固さとハリがあり、端の処理もきれいです。安っぽさがなく、インテリアとしてしっかりと存在感をはなちます。

▲kukka ja puu(クッカヤプー)のタグがさりげなくついています

「ちょい足し」でシンプルに飾っても◎

素朴で味わいのあるツリーは、オーナメントをつけずに、タペストリー単体で飾っても見映えします。

たとえば、周りに小物を置いてクリスマスムードを演出したり、

ガーランドをひとつ添えるだけでも十分。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ