無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この手があったか…![1年中使える!?ツリー]狭い家でも「憧れインテリア」が超お手軽

インテリア

小物やガーランドの「ちょい足し」程度で絵になるから、ゴテゴテした空間が苦手な方でも取り入れやすいはず。

サイズは110×70cmで、バスタオルくらいの大きさです。

ツリーを置く場所といえばリビングや子ども部屋が一般的ですが、このタペストリーなら家のちょっとした壁スペースにおさまりがよく、階段や玄関などにも飾りやすいですよ。

クリスマスが終わった後の楽しみ方

よくあるリアルなモミの木だと「いかにもクリスマス」という雰囲気になりますが、このツリーはもっとカジュアル。

クリスマスが終わっても、というよりクリスマスにこだわらずに飾れるところも気に入っています。

▲絵本に出てくる森をイメージして飾ってみました。

ポスター感覚で何も付けずに壁に貼ってもいいですし、誕生日やハロウィンのモチーフを飾っても楽しそう。

本来なら年に1度しか出番のないツリーなのに、普段使いからイベントの盛り上げまで様々なシーンで使えるのは嬉しいですよね。

また片付ける際に場所を取らないところも、収納の少ないわが家にはとてもありがたいです。

ところで、タペストリーはどうやって飾る?

タペストリーを固定する際は壁に画鋲やピンを挿すのが簡単。でもなるべく壁に傷をつけたくないですよね。そこで参考までに、わたしが試してみた飾り方をご紹介します。

飾り方その1.マスキングテープ+強力両面テープ

壁にマステを貼り、その上から両面テープでタペストリーを固定する方法です。

強力両面テープを壁に直接貼ると剥がす時に壁を傷めそうですが、マスキングテープを間に挟めば予防になり、ちゃんと落ちずに固定することもできました。(目立たない場所で試してから留めてくださいね。)

飾り方その2.棒を通して吊り下げる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ