無料の会員登録をすると
お気に入りができます

すぐにできる部屋の乾燥対策6選! 空気乾燥が招くトラブルを知ろう

ライフスタイル

「楽しみながら生活を豊かに」をコンセプトのウェブマガジン『REISM STYLE』より、生活の中のさりげないワンシーンやアイテムを通して自己表現できる、とっておきの楽しみ方をご紹介いたします。

冬は、空気の乾燥が気になる季節。乾燥は、風邪やインフルエンザになるリスクを高めたり、肌荒れや脱水症状を引き起こしたりといったトラブルを招く可能性があるため、家の中でもある程度の湿度を保つことが大切だ。
しかし、一人暮らしの部屋では、あまりいろいろと家電を置くと狭くなってしまう。ここでは、部屋の乾燥が招くトラブルと、加湿器がなくてもできる乾燥対策を6つ紹介しよう。

部屋の乾燥が招くトラブル

家の中の空気が乾燥していることで引き起こされるトラブルはさまざまある。乾燥が招くトラブルについて具体的に見ていこう。

粘膜の防御機能低下による細菌・ウイルスの侵入

部屋の空気が乾燥すると、鼻や喉の粘膜が乾燥して防御機能が低下し、体内に空気中の細菌やウイルスが侵入しやすくなってしまう。さらに、湿度が低いとウイルスが浮遊しやすくなる。風邪やインフルエンザなどの感染症が、冬に流行しやすいのもそのためだ。

肌トラブル

空気が乾燥すると、体内の水分が肌から蒸発されやすくなるため、肌のかさつきを感じる人も多いだろう。この季節は吹き出物やかゆみなど、乾燥による肌トラブルが起こりやすい。

脱水症状

脱水症状と聞くと、夏の熱中症とセットでイメージする人も多いかもしれないが、実は、冬の乾燥も脱水症状を引き起こす。空気が乾燥していると、体内の水分が肌から蒸発されやすくなるからだ。冬は夏ほど積極的に水分をとらない人が多いため、隠れ脱水症状になってしまうケースがある。

火災

空気が乾燥している季節は、建物や家具などに使われている木材の水分も少なくなり、火災トラブルが起きた際に被害が拡大しやすくなる。火の取り扱いには十分な注意が必要だ。

静電気

静電気が発生しやすい環境は、気温25℃以下、湿度20%以下

といわれている。気温・湿度ともに低い冬は、静電気が発生しやすい環境でもあるといえるだろう。

画像:REISM STYLE

部屋の乾燥対策のポイント

部屋の乾燥対策をするにあたっては、いくつか注意点がある。過度に加湿すると、結露やカビ、ダニが発生しやすくなってしまうためだ。
乾燥対策をする前に、理想の湿度や加湿しすぎないためのコツを確認しておこう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ