無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今すぐできる「発想力を鍛える」4個の方法って?クリエイティブな人になれるヒント

ライフスタイル

応用力があり機転が利く人

発想力を鍛えることができている人は、機転が利く人が多い特徴があります。社会人の場合「Aに対しBが対応する」というセオリー通りの対応ばかりではありません。

「Aに対しDで対応させる」「本当はCを使ってはダメだが、このケースでならAに対応できるだろう」といった判断や考え方ができる人が当てはまります。

これまで培ってきた経験や技術を、トラブル解決などのアイデアとして投入できる人は「発想力が鍛える」ができている人といえるでしょう。

わかりやすく説明してくれる人

説明は一つなのに、理解度は人それぞれです。発想力を鍛えることができている社会人は、対話を通じて「どこまで理解できたか」を把握し、わかりやすく説明する方法が身についています。

人それぞれに対応した説明を行い、万人に納得してもらえると頼りがいがある人として評価されるでしょう。

単純に対話ができる人ではなく、ユーモアを織り込んで話ができる人だと、さらに評価が高まります。読解力や語彙力があることも評価の対象となるでしょう。

「目の付けドコロが違う」と言われる人

仕事などで企画案を練っているときなど、さまざまなアイデアが数珠つなぎで出てくる人は、発想力を鍛えることができています。しかし単純に目についたもの、思いついたものだけを口にするのは発想力とは言いません。

逆転の発想ができる人、人とは違う考え方を持っていると言われる人は発想力を鍛えることができているといえるでしょう。

社会人なら「突拍子もない発言も理論立てて説明できる」までセットにできなければいけません。発言の責任が取れないなら、単なる「言いたい放題な人」です。

発想力を鍛えるためにできる4つのこと

発想力を鍛えるためにどのような練習をすべきでしょうか。自分のイメージする力や考える力を鍛えることにもつながります。

社会人としてもう少しだけ企画力が欲しい、対話力を鍛えることを優先させたいという人は、ぜひこれからまとめる「発想力を鍛えるためにできる4つのこと」を実践しましょう。

発想力を鍛えることは決して難しいものではなく、自分が考えることを意識するだけで「逆転の発想」や「応用力」が身に付きます。ただし、今日明日に身につくことではありません。時間をかけてトレーニングしましょう。

情報に敏感になろう

本やメディア、口コミによる体験談など、私たちの身の回りにはたくさんの情報が氾濫しています。どんなことでも構わないので、発想力を鍛えるために情報には常に敏感になりましょう。

どんなに些細な内容でも、耳にした情報が仕事上で大きな利益を生む可能性があります。

気になったキーワード、人名、場所などはノートに書き留めておきましょう。深く掘り下げたいキーワードが見つかれば、ネット検索や書籍などで情報を育てていくと有益です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ