無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“入場料のある書店”「文喫 福岡天神」で贅沢な読書体験を!

旅行・おでかけ

「本と出会うための本屋」をコンセプトに、東京・六本木で人気を博す「文喫」。その2号店が2021年3月、福岡・天神にオープンしました。「本を選ぶための良質の環境とサービスで新しい読書体験を提案する」という話題のスポット、入場料のある書店「文喫 福岡天神」で、その魅力をとことん満喫してきました。

約3万冊から意中の本を探す旅へ

「文喫 福岡天神」は、天神の老舗百貨店・岩田屋本店7階にあります。店内では無料・有料エリア合わせて、約3万冊の本の閲覧や購入が可能です。お店を訪れたのは、クリスマス前。店内はクリスマスの装飾で彩られていました。

有料エリアに入るには、まず総合受付で入場料を支払い、バッジを受け取ります。入場証の代わりになるので、書店員さんの見える位置に付けましょう。

多彩な空間を備える有料エリアで「本との出会い」を満喫

有料エリアには、選書室・閲覧室・児童書室・喫茶室の4つの空間と、ゆったりと読書を楽しめる150席が用意されています。

このエリア内にある本はすべて、プロフェッショナルな書店員が1点1点を厳選したもので、1冊として同じ本は置かれていないそう。本の配置や陳列にも個性が感じられ、まさに「本との偶然の出会いを楽しむ場」となっています。

まず、入口付近にあるのが「選書室」です。併設されたカルチャースクールの特色も取り込んだ、食・ファッション・アートなどのジャンルの本が陳列されています。一般的な書店にはないような、眺めるだけでも楽しい実用書も充実しています。

奥にあるのが「閲覧室」です。人文科学や自然科学、文学などのジャンルを中心に、気軽に読めるものから読み応えのあるものまで、幅広くラインアップされています。西洋の図書館のような空間で、集中して本と向き合うことができます。

読書に没頭したい時は、「閲覧室」の一角にあるデスクライトと電源を備えた席もおすすめです。無料Wi-Fiも使えるため、パソコンやテキストを持ち込んで作業することも可能。充電ケーブル・アダプターや延長コードの貸し出しもありました。

靴を脱いで入室する「児童書室」は、福岡店で独自に作られたスペースです。子どもが興味を持ちそうな本が、枠組みにとらわれずセレクトされています。ベストセラーや大人にも読んでほしいという絵本が並び、親子で読書に没頭できます。

天井には、福岡出身の陶芸作家・鹿児島陸氏が手掛けたモビールが装飾されています。ほっこりとした雰囲気の中で、家族の楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょう。入口横に、ベビーカーを置くスペースがあるのも嬉しいですね。

店内では、ショーケースの中の本も、オブジェに飾られた本も、すべて閲覧・購入が可能です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ