無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[奈良]薬草のふるさと・大宇陀にある「奥大和ビール」で ハーバルクラフトビールを愉しむ

旅行・おでかけ

奈良県東部の山あいに位置する宇陀市大宇陀は、古代には「阿騎野(あきの)」とよばれた朝廷の薬猟の地。江戸時代に開かれた日本最古の民間の薬草園が今も残るなど、“薬草のふるさと”として知られています。この地で、2018年の創業以来、注目を集め続けているブリュワリーがあります。ハーバル&ボタニカルをテーマに、地元産の和ハーブなどを使った個性的なクラフトビールを醸す「奥大和ビール」です。

ハーバルクラフトビールの魅力を地元から発信する

「奥大和ビール」は、道の駅・宇陀路大宇陀のすぐそばにあります。店内がよく見える開放的な入口に、縁側のようなスペースも設けられた、フレンドリーな雰囲気のブリュワリー。ここで、“ハーバルクラフトビール”というまったく新しいジャンルのビールが日々醸し出されています。

代表の醸造家・米田義則さんはメディカルハーブコーディネーターの資格をもち、大和当帰(やまととうき)をはじめとする地元の和ハーブや世界中のスパイスをブレンドして数々のオリジナルビールを生み出してきました。米田さんはミュージシャンとして東京で20年間活躍されていましたが、2017年に地元・宇陀市へUターン。2018年3月にこのブリュワリーを開いたのです。

ブリュワリーに併設されたTAP ROOM(タップルーム)では、季節や仕込みに応じて常時8種類のビールがラインナップ。米田さんが醸したビールを自らの手でグラスに注いでくれます。それぞれのビールが出てくる8つのタップのハンドルは、宇陀の南の吉野地方で活躍する8人の木工作家さんのオリジナル。

宇陀産の和ハーブ・大和当帰を使用した「アンジェリカ」

アンジェリカ(Mサイズ)699円

さて、目の前のタップからオリジナルグラスに注がれたのは、宇陀産大和当帰を使用した「アンジェリカ」。大和当帰とはセリ科の多年草。根は生薬として、冷え性、鎮痛、血行不良などに効能があるといいます。グラスを顔に近付けると爽快な香りに包まれ、口に含むと奥深い植物の旨みが広がります。なんだか身体がぽかぽかしてきました。

キンモクセイやローリエなどをブレンドした「メディックビター」

メディックビター(Mサイズ)699円

続いては、アロマを閉じ込める効果のあるIPA(インディア・ペールエール)グラスに注がれた「メディックビター」。キンモクセイやクコの実、陳皮、ローリエにハイビスカスと、ワールドワイドなハーブをブレンドした薬膳ビールです。ホップがたくさん使われているため苦みが強く、クセになる味わいです。

「奥大和ビール」の定番ラインナップがこちら!

3種飲み比べセット1199円

続いてご紹介するのは、「奥大和ビール」の定番レギュラービール。左から、カモミールやエルダーフラワーを使ったハーブのやさしい香りが漂う「アロマホワイト」。オレンジピールやレモングラスなどを使ったすっきりした飲み心地の「ハーバルエール」。黒豆やローズマリー、カルダモンなどをブレンドした味わい深い「スパイスダーク」。植物のもつ力に癒やされて、飲むほどに幸せ気分。もう一杯、が止まらなくなりそうです。

日本地ビール協会が毎年開催しているクラフトビールの品評会・インターナショナルビアカップで、「スパイスダーク」は2019年金賞受賞、「ハーバルエール」は2020年銀賞受賞の栄誉に輝くなど、その品質と味わいは高い評価を得ています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ