無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[姿勢に気を付けて!]スマホ巻き肩は正しい姿勢とストレッチで予防しよう

美容

私たちの生活にすっかり馴染んだスマートフォン。とても便利なツールである一方で、肩や首がこったり、目が疲れたりするなど、身体に不調をきたす原因になることもあります。中でも最近話題となっているのが、手に持ったスマートフォンをのぞきこむ姿勢が続くことで生じる「スマホ巻き肩」です。そこで今回はスマホ巻き肩について、予防法とあわせてご紹介します。

スマートフォンが原因で起きる?「スマホ巻き肩」とは

前かがみの姿勢が続くことで、両肩が内側に巻いてしまうこと

両肩が本来ある位置より内側に巻く形でずれてしまう症状を「巻き肩」といいます。巻き肩の原因はさまざまですが、最近よく耳にするようになったのが、スマートフォンを長時間操作することで起こりやすくなる「スマホ巻き肩」です。

スマホ巻き肩になる原因

スマートフォンを操作する時は、背中を丸めて腕を突き出すように画面を触る方が多いのではないでしょうか。この体勢だと、肩が自然と身体の前に出て、内側に巻いた状態となってしまいます。
長時間もしくは繰り返し、この前かがみ体勢が続くと、肩の周りの筋肉が正常に収縮・弛緩しなくなってしまい、スマホ巻き肩を生じることがあります。

スマホ巻き肩が続くと、慢性的な肩こりにつながりやすい

スマホ巻き肩を引き起こすような姿勢は、肩だけでなく頭や腕も身体の前に出ていることがほとんど。重い肩・頭・腕を支えているのが、肩の僧帽筋や肩甲挙筋といった筋肉です。
スマホ巻き肩となると、肩の筋肉に負担がかかりすぎてしまい、肩回りの血流が悪くなり、慢性的な肩こりにつながる恐れがあります。

スマホ巻き肩を予防するには?

好ましい姿勢と時間を意識しよう

スマートフォンを操作する時には、「背中が丸まらない体勢」を心がけましょう。
できるだけ背筋を伸ばした状態で、画面を視線と同じくらいか、やや低めの位置に調整して操作するのがおすすめです。ついつい疲れて画面が下がってしまう…という場合には市販のスタンドを使って、目線に合わせるのもよいですね。
また、1時間以上連続でスマートフォンを操作するのは避け、10~15分程度の休憩をこまめにはさむようにしましょう。

休憩中にはストレッチがおすすめ!「肩こり体操」を紹介

肩の上げ下げ

1.息を吸いながら、肩をすくめるように持ち上げ、3秒キープ
2.息を吐きながら、肩を下ろす
この動きを5回繰り返します。

肩回し

1.両腕を曲げ、肩に手の親指を置く
2.肩を前方向に5回、後ろ方向に5回それぞれ回す

肩甲骨が動くようにイメージしながら、大きく肩を回しましょう!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ