無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[オーガズムを得るために必要なこととは?]研究結果が示唆!オーガズムの鍵を握る「ボディイメージ」

美容

ボディイメージはあらゆるところに影響する–もちろんベッドの中でも。

オーガズムに悩んだことがあるのは、あなただけではありません。クリーヴランド・クリニックの調査によると、オーガズムは、性の健康と幸福の自然な一部であるにもかかわらず、膣内セックスで簡単に絶頂に達する女性はわずか10%で、全女性の約半数が定期的にオーガズムを感じるのは難しいと報告しているそうです。オーガズムにはストレス解消、幸福度の向上、免疫力の向上など、多くのメリットがあり、性的快感だけの問題ではありません。

オーガズムを得る上で、薬の服用、ホルモンの欠乏、健康状態、睡眠、パートナーの問題など、さまざまな要因が影響します。しかし、他にも女性のオーガズム能力にかなり影響することがあります、それはボディイメージです。

ハンガリーのエトヴェシュ・ロラーンド大学大学とインディアナ州のヴァルパライソ大学の研究者が行った2020年の研究によると、自分のボディイメージに不満があると自己申告した女性ほど、オーガズムを得られない可能性が高いことが分かりました。(自分の体を恥じるがゆえ、ベッドの中に入りたくないかのように)。

オーガズムが得られない?ボディイメージがどのように作用しているか。

この研究は、257名の女性を対象に、ボディイメージと性生活について調査したものです。研究者たちは、4項目のアンケートを通じて、女性たちに自分のボディイメージの満足度を評価してもらいました。参加者はまた、性機能を評価するために設計されたアンケート、女性性機能指数から13の質問に答えるよう求められました。そして、研究者らは、このデータを使って両者の間のパターンを導き出したのです。

当然のことながら、研究者たちは、ボディイメージの低い女性はパートナーとのセックスでは一層オーガズムを達成することが難しいことを発見しました。しかし、自慰行為でもオーガズムを得ることが難しく、ボディイメージへの懸念は、他人からどう見られるかという心配をはるかに超えて、心に深く刻み込まれていることがわかりました。

ボディイメージとセックスの関連性はよく知られています。2010年の研究では、体重、体調、性的魅力に関する懸念が、女性の全体的な性的満足度にマイナスの影響を与えることが明らかになりました。また、自尊心の低い女性は、パートナーとのセックスが少ない傾向があります。

これらの研究結果には納得がいきます。つまり、自分自身と自分の体についてより良く感じれば感じるほど、親密な関係を求めて楽しむ傾向が強くなるのです。そして、頭の中でネガティブな自己暗示をかけなければ、性的なコミュニケーションはより楽しいものになるかもしれません。

ポジティブなボディイメージを築き、より良いオーガズムを得るための4つの方法

ボディイメージを改善するには即効性のある楽な方法はありません。時間とエネルギー、そして多くのインターナル・ワーク(自分と向き合うワーク)が必要です。ポジティブなボディーイメ ージを育みたいのであれば、以下の方法が力になってくれるでしょう。

自分の体をジャッジするのではなく、観察することに集中する

ヨガセラピストのジェニファー・クレツォウラスさんは、自己批判を繰り返す代わりに、マットの上でも外でも観察的な視点を保つことを勧めています。このコンセプトを実践するために、彼女はよくやるポーズの一つを練習することを勧めています。ポーズをとっている間、自分の感覚や感情を記録しておくといいそうです。その状態で自分の体を観察することで、自分の体を批判するのではなく、評価することにつながるのです。

自己肯定感を高めるマントラを使う

鏡に向かって自分を肯定する言葉をかけたり、練習中に自分に語りかけたりするなど、自分自身を見つめ直す時間を持ちましょう。クレツォウラスさんは、自分の体を他の人と比べてしまうようなときに、この練習を勧めています。例えば?「私は十分」 「私は強い」とか。しかし、ただ言うだけでは不十分です。しかし、ただ言うだけでは不十分で、言葉そのものに集中し、それを心に染み込ませてください。

SNSとの関係を見直す

他人の投稿をスクロールして見ていると、自分自身や自分の体に対して批判的になるのは当然のことです。 何時間もネットに費やすのではなく、SNSに費やす時間を自分で制限することを選ぶと良いと、クレツォウラスさんは述べています。そして、フィードで時間を無駄にするかどうかを決めるは自分自身であることを忘れないでください。フォロー解除やミュートボタンを使って、特にトリガーとなっているアカウントは設定を変えましょう。

ムーブメントを取り入れる

ヨガの練習は、あなたを落ち着かせ、体を引き締めるだけではありません。定期的な運動は、自尊心を高める効果があることが証明されています。2017年の科学的研究によると、たった30分の定期的な運動に取り組むだけで、ボディイメージに良い影響を与えることがわかりました。(さらに、ヨガ自体が女性の性機能を向上させる可能性もあるそうです)。

さて、ネガティブなセルフトークをやめる心の準備はできましたか?

教えてくれたのは…エレン・オブライアンさん
エレン・オブライアンはヨガジャーナル のスタッフライター。ライフスタイル、カルチャー、健康分野を得意とする。Twitter: @ellenobrien0

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ