無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[京都]京都の銭湯文化を守る聖地「サウナの梅湯」でととのう!

旅行・おでかけ

鴨川に架かる五条大橋を渡り、高瀬川の流れに沿って南へ歩くと現れる「ゆ」の暖簾がかかった昭和レトロな建物。それが「サウナの梅湯」。若者たちが営む、京都の銭湯文化を守る聖地的存在。地元の人や観光客、サウナ好きも足繁く通う、人気の銭湯なのです。

明治創業の銭湯を若者たちが引継ぎリニューアル

高瀬川が眼の前を流れるサウナの梅湯。創業は明治の頃に遡るといいます。廃業寸前だったところを「京都、そして日本の銭湯文化を守りたい!」と、全国を巡った銭湯好きの青年、湊さんが20代半ばにして経営を引継ぎ、2015年5月にリニューアルオープンしました。

引き戸をガラガラと開けて建物の中に入ると、左手にはまるで駄菓子屋さんのようなフロント。手ぶらで立ち寄って気軽に入浴ができるようにと、貸しタオル30円や長い髪を束ねる無料のヘアゴムなども用意されています。説明書きがあり、スタッフも入り方をていねいに教えてくれるので銭湯初心者でも安心です。

玄関の右手にあるのは木札が鍵の下駄箱。脱いだ靴はココに預けましょう。

かつての番台があった正面は、展示スペースに。オリジナルデザインのTシャツやジャケット、シールなどのグッズがずらり。銭湯やサウナについての書籍も揃っていて経営者の「銭湯愛」に満ち溢れています。左右の男女別の暖簾をくぐってそれぞれの浴室へ。

ペンキ絵が描かれた浴室には多彩なお風呂とサウナ!

女湯の浴室中央にはジェット風呂と深風呂の浴槽とベルシャワー。お湯は昔ながらの薪で焚いています。サウナの扉の前には水風呂があり、地下水を汲み上げた18℃の水で満たされています。奥に見える壁面の松の木は銭湯ペンキ絵師、田中みずきさんの作。これぞ銭湯!という気分を盛り上げてくれます。

浴槽に入る前に、まずは洗い場で体を洗うのがルール。赤はお湯、青は水が出る昭和レトロなカランや花柄タイルに魅せられます。銭湯価格なのに、アメニティが充実しているのも驚き。女湯にはボディソープ、シャンプー、トリートメントが常備され、脱衣所にも、ドライヤーのほか、クレンジングや化粧水、綿棒も無料で備えられているのがうれしい心遣い。ちなみに男湯にはリンスインシャンプーとボディソープを常備。このほか、地元のお店や協賛者の名前が入った鏡広告にも注目です。

浴室には、電気風呂や日替わりの薬風呂も。壁には、スタッフ手作りの壁新聞が貼られていて、お湯に浸かりながら眺めることができます。月2回の発行で、それぞれの趣味や好きな音楽、お店のことなどが書かれています。

人気のサウナは清潔感があって、心地よい空間。目の前にある水風呂との温冷交互浴を体調にあわせて楽しみましょう。サウナの追加料金はなしで入浴できるというのもうれしいですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ