無料の会員登録をすると
お気に入りができます

プロのノウハウで雑菌にさよなら!シンクまわりの衛生管理テクニック[ダスキン監修]

お掃除

シンクまわりに置いているまな板や包丁、スポンジ、ふきん、清潔にしていますか?雑菌の繁殖が気になる季節、不衛生になりやすい水まわりの清潔維持は大切です。ダスキンで衛生管理コーディネーターを務める平良朋美さんに、これらのアイテムを雑菌から守る方法を聞きました。

まな板や包丁、スポンジの雑菌対策、万全ですか?

2022年も気付けば初夏。気温も湿度もおだやかで、一年中でも過ごしやすい季節です。ただ、心地よいと感じているのは私たち人間ばかりではないようで……、水回りのイヤなニオイや汚れの原因となる雑菌が繁殖しやすくなるのは、この時期唯一のネガティブ要素といえるでしょう。

「気温が15度以上になると、菌の繁殖が活発になります。4月を迎えた頃にはそうした気温になってくるので、5月も間近となれば、雑菌対策をはじめる時期としては少々遅いくらい」というのは、ダスキンの衛生管理コーディネーター、平良朋美さん。

特に気になる場所といえば、やはり水回り。なかでも食べ物を扱うシンクまわりのアイテムについては、万全な対策をしておきたいものですね。雑菌を増やさず、清潔な状態を維持するには、どんなことを心がけると良いのでしょうか。

雑菌繁殖の3つの条件と繁殖させない3原則

Photo by macaroni

まず頭に入れておくべきは、雑菌繁殖につながる3つの条件だと平良さん。

「水気、温度(15度〜30度前後)、そして栄養源。この3つの要素の条件がそろったとき、菌は繁殖しやすくなります。逆にいえば、乾燥しているところでは菌や細胞は生きられませんし、温度が低すぎたり高すぎたりする場所でも菌の繁殖は抑えられます。そして、菌のエサとなる栄養源は、少ないにこしたことがありません。

加えて覚えておきたいのが、菌はどこからともなく現れるのではなく、なにかを媒介にして持ち込まれるということ。たとえば野菜や肉、魚などの食材や人の手などですね。先の条件がそろったところに菌が移ると、増えてしまうわけです」

これをふまえると、シンクまわりの衛生を保つにはどうすれば良いのか見えてきます。

「雑菌を『つけない』『増やさない』『やっつける』の3原則。できる限り持ち込まず、雑菌繁殖につながる条件を排除する。そして、ついてしまった雑菌は速やかに除くようにする。雑菌が増えやすいシンクまわりのアイテムも、この3原則を意識して扱えば清潔を維持しやすくなりますよ」

では、具体的にどのように使い、どんなお手入れをすれば良いのか。アイテムごとに教えてもらいました。

1. まな板

Photo by macaroni

たいていの家に1枚はあるまな板。調理の必須アイテムだけに雑菌対策は気になるところですが、そもそもの話として「1枚では足りません」と平良さん。

「野菜、魚、肉にはそれぞれなにがしらかの菌が付着している可能性が高いので、1枚のまな板ですべてを切るという状況では、それぞれの食材が菌を移し合ってしまいます。これを避けるには、食材ごとにまな板を使い分けること。衛生的に使おうと思うなら、生野菜用、魚用、肉用、最低3枚は用意しましょう」

その上で、使ったらすぐに洗うよう心がけてほしいといいます。

「食材を切ったまな板を洗わずに放置した場合、最初は数個の雑菌が付いていただけだったとしても、時間が経ったら数万にまで増えてしまうことも。先の繁殖の条件がそろっていれば、時間を追うごとにどんどん増えますから、できればひと作業ひと清掃。作業がひと段落したら洗う。またひと段落したら洗う。そういうクセをつけたいですね」

Photo by macaroni
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ