無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[5/16〜5/22の運勢]5月3週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

まーささんによる「上半期の恋愛占い」、星乃せいこさんによる「2022年の運勢グラフ」も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

「上半期恋愛占い」「年間運勢グラフ」はこちら

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

石頭を叩き割る

今週のおひつじ座は、意識の境界線をさりげなく飛び越えていこうとするような星回り。

寺山修司は50年前にはじめて刊行された『家出のすすめ』にて、「百科事典以外の悪徳の定義」と題した文章を書いています。

我慢や禁欲こそが悪徳であり、幸福そのものではない何かを私たちに集団的に信じ込ませることで、ある種の社会的秩序を成立させている。逆に言えば、最低でも週に1度ないし月に1度くらいは、幸福そのものを求めるために、なにか他の方法で想像しうる限りの悪事について話し合ったり実践したりする機会をもつくらいで、ちょうどいいのではないでしょうか。

あなたもまた、一般的には悪徳とされているものの中にむしろ1つの徳を見出していくべし。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

遠方をぼんやり眺める

今週のおうし座は、自身が無意識のうちに、身近な他者に投影しているビジョンが映し出されていくような星回り。

『五月雨や人語り行く夜の辻』(籾山庭後)という句のごとし。掲句を詠むという行為自体がある種の占い的な営みであると同時に、この句を一読した読者のこころに、どんな2人の姿や関係が映し出されるかが問われているのだとも言えます。

そこにあるのは果たして、傘さえ差さず小走りに走り抜けていく若い男女か、それとも、揃いの唐傘をさして静かに歩きながら一言ずつ丁寧に発語しあう老夫婦か、それ以外の何かか。

あなたもまた、自身のパートナーシップに関する来し方行く末について深く感じ入るようなビジョンが浮上してきやすいでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ