無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「Ikumi Yasuzaki」のスマホケースは、まるで手のひらのアート。重なる色の美しさに思わずドキッとした

ライフスタイル

ここ数年、おうち時間が増えたことで、身の回りのものごとによりこだわるようになり、自然とアートへの興味が湧いてきたという方も多いかもしれません。

そんな方に、今回は「Ikumi Yasuzaki」さんというアーティストをご紹介します。Yasuzakiさんならではのセンスあふれる色彩美は、ひとたび目にすれば夢中になってしまうこと間違いなし。

柔らかく抽象的な表現に込められた想いや、創作活動を始めたきっかけなどを聞きました。

唯一無二の色彩美で見る人を魅了する、「Ikumi Yasuzaki」に注目

@iku.y / Instagram

Ikumi Yasuzakiさんの手がけるアートのコンセプトは、「愛おしい色を見たとき芽生える、言葉にしがたい煌めきや埋もれてしまっていた本当の想い。私がつくる彩りが、そんな感情の機微と出会うきっかけになることを願って」。

Yasuzakiさんが大事にしているのはアートそのものというより、そこから得る感情や想いへの気づきなんです。

@iku.y / Instagram

創作活動をはじめた最初のきっかけは、在宅勤務で時間が増えたことだったといいます。

そこから趣味でデジタルイラストを描きはじめ、作品をInstagramに載せたところ、似顔絵の依頼が増加したそう。

@iku.y / Instagram

「“色”が特に良い」「人と違う色彩感覚を持っている」と言われるようになり、そこから次第と、デジタルだけでなく“色”にフォーカスした抽象画や、さまざまなグッズを制作するようになったそうです。

周りからも絶賛されている「色の美しさ」は、Ikumi Yasuzakiさんの作品の1番のポイントかも。

重なり合うことで生まれる唯一無二の色合いは、思わず目を奪われてしまう魅力があるんです。

フルオーダーで“直接描いてもらえる”スマホケースって贅沢

@iku.y / Instagram

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ