無料の会員登録をすると
お気に入りができます

フラワーアーティストに学ぶ!夏に涼をよぶ花の選び方[連載#花でこころをととのえる]

インテリア

フラワーアーティストの宮平亜矢子です。厳しい暑さも花に丁寧に触れることで、豊かな時間を過ごせます。夏だからこそ楽しめる涼を感じるフラワーアレンジ、楽しんでみるのはいかがでしょう。今回は、夏に花を長く楽しむコツや選び方についてご紹介します。

夏に切花を長持ちさせるコツ

AdobeStock

水替え

夏に切り花が長持ちしない理由は、気温と湿度との関係があります。湿気が高くなる時期は雑菌が発生しやすく、花瓶の中の水を吸い上げた花が内側から雑菌がはいり萎れてしまいます。花瓶の水は毎日変えて清潔に保つこと。又、湿度が高い時期は植物も蒸れやすく傷んでしまう原因に。花を活ける際はゆとりを持たせて、通気性を良くしてあげましょう。

切り戻し

水替えのタイミングで、花や枝の切り戻しをします。ハサミよりも花用のナイフの方が断面をスパッと切ることが出来るのでオススメ。傷みや変色してぬめりがあるところもカットして清潔を保つこと。水を変えても花に元気がない場合は、水中ではさみを使い「水切り」をしてあげると良いです。

枯れた花や葉を取りのぞく

咲き終わった花や枯れてしまった葉などを丁寧に取り、メンテナンスをする。そのまま放置してしまうと、花の老化が早まってしまい持ちが悪くなってしまいます。きれいに整えた花は見た目もすっきりと気持ちが良いものです。花にとっても心地よい環境をつくってあげること。

延命剤

切り花を丁寧に手入れすることはもちろん大切ですが、植物が長持ちする延命剤やフラワーフードなどを併用するのも良いでしょう。効果としては、バクテリアの抑制、蕾の多い花への栄養補給です。水替えや切り戻しなどと併用して、より効果的に活用しましょう。

夏に長持ちするおすすめの花5選

ヒマワリ

花言葉「憧れ」「あなたは素晴らしい」
夏を代表する花のひとつ。太陽に向かって咲く姿は力強く元気をもらえます。葉っぱは丁寧に取って切り戻しをして、こまめに水替えをしましょう。

AdobeStock

アンスリウム

花言葉「情熱」「恋焦がれる」
存在感があり、鮮やかでトロピカルな雰囲気のアンスリウム。こまめな水替えと切り戻しで手入れをすること、花瓶の水は少量の方が長持ちします。

AdobeStock

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ