無料の会員登録をすると
お気に入りができます

世界的名画とハンドメイド。新しい視点でつくられた名画アレンジ作品

ライフスタイル

創作のためにアート作品画像を貸出するサイト「イメージアーカイブ・ラボ」とのコラボレーション企画「minne ART MUSEUM 世界的名画とハンドメイド」。minneで活躍する作家・ブランドのみなさんに名画8点をもとに作品を制作いただきました。誰もが見たことのある絵画や彫刻が時代を超えて、新たな視点と技術によって生まれ変わりました。多彩な作品の数々をどうぞじっくりと美術館を巡るようにお楽しみください。

名画が手のひらの上の作品に

「イメージアーカイブ・ラボ」とのコラボレーションにより実現した「minne ART MUSEUM 世界的名画とハンドメイド」。「イメージアーカイブ・ラボ」とは、minneの作家・ブランドを対象に開設された、創作のためにアート作品画像を貸出するサイトです。 DNP大日本印刷グループの協力のもと、 二次創作を目的として、8点の世界的名画の画像ライセンスを簡単に購入することができるようになりました。
今回は、その対象名画8点中、4点をもとに制作されたコラボレーション作品を、作家さんの制作ポイントとあわせてご紹介します。

イメージアーカイブ・ラボとは?

minneの作家・ブランドを対象に開設された、創作のためにアート作品画像を貸出するサイトです。「イメージアーカイブ・ラボ」では、フランス国立美術館連合(RMN-Grand Palais)が管理し、株式会社DNPアートコミュニケーションズが提供するダ・ヴィンチの「モナ・リザ(ラ・ジョコンダ)」やゴッホの「星降る夜、アルル」などのアート画像のライセンスを購入することができ、これを素材としたハンドメイド作品の二次創作が可能となります。

イメージアーカイブ・ラボの詳細はこちら

ゴッホの「星降る夜、アルル」

絵の世界観をそのままに

まるで絵から飛び出してきたような、家の形をしたオブジェです。夜空をイメージした色彩に思わずうっとり。

kobo-atariさん

中学校の授業でゴッホの教会の絵を模写したことがあるのですが、そのときの青色がとても印象に残っていたので、今回初めて作品全体に青色を着彩してみました。「星降る夜、アルル」の中央辺りの家がそのまま立体になったイメージで制作し、台座には降ってきた星も表現してみました。初めての試みでしたがおもしろい作品になったと思います。

作品を見る

上品なゴールド使いが印象的

さまざまな種類の青を織り交ぜたベースに、ゴールドのホログラムや淡い金箔をプラス。角度によって上品にきらりと輝くピアスです。

Tanyu Colorsさん

なるべく本物に近い色を再現したいと、使う色材選びからこだわりました。夜闇の部分は深い青や暗い水色のシェルを織り交ぜてつくっています。そこにゴールドの六角ホログラムを混ぜてベースをつくり、さらに上から淡い金箔を散りばめてみました。普段あまり使わない六角ホログラムを使うことで、絵の上方の星空をうまく表現できたかなと思います。

作品を見る
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ