無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[夜ヨガ]「スッと眠れるようになるヨガポーズ」って?たったひとつのポイント

美容

「夜にヨガをしたら寝つきが良くなる」と言われますが、どんなポーズを選んだらよいでしょうか?ヨガ初心者さんでもわかりやすい、たったひとつのポイントをお伝えします。

眠る前に心身をリラックスさせるには?

心身のリラックスにかかわるのが自律神経です。自律神経は交感神経と副交感神経の2つからなり、互いにバランスをとっています。交感神経は体を活動させるために心拍数をあげたり血管の収縮を促すといった働きをし、副交感神経は体を休ませる時に優位になり、心拍数・呼吸のスピードが抑えられます。

ヨガには交感神経に働きかけて心身にスイッチを入れるようなポーズと、副交感神経に働きかけて心身をゆったりとリラックス状態に導くポーズの両方があります。寝る前には副交感神経の働きを促すことが大切で、これに適しているのが前屈系のポーズです。寝る前には前屈系のポーズと覚えておくと良いでしょう。

Photo by LUNA ACTIVE FITNESS on Unsplash

寝る前におすすめの前屈系のポーズ

チャイルドポーズ

休憩のポーズとして定番のポーズは夜寝る前のリラックスにもおすすめです。おでこが床につかない、膝が痛いときにはアレンジを加えて楽にポーズが取れるようにします。

おでこの下にブロックなどを置くと楽にポーズをとれます / Photo by Yoga Journal US

やり方:

1. 正座になって上半身を前に倒して両腕を前に伸ばし、おでこを床につける。

正座

2. お尻をかかとに安定させて、腰から背中にかけての伸びを感じる。

※上半身を倒しづらくておでこが床から離れてしまう場合は、写真のようにヨガブロックやクッションなどでおでこをサポートして上半身を楽に保つ。

ブロック

壁を使った立位の前屈

壁にお尻をつけ、膝を曲げて上半身を倒すので立位の前屈でよくあるもも裏や膝裏のつらさをやわらげることができます。頭の位置がさがることでもリラックス効果がアップします。

Photo by Yoga Journal US

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ