無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「塾の支払いが大変だけどやりくりすれば大丈夫」は典型的な例。“将来お金に困る人”3つの特徴

節約・マネー

お金に困ってしまう人には特徴があります。ここでは、将来的にお金に困ってしまう人の特徴から、「お金に困らない人になるためのヒント」をご紹介します。

こんな習慣を繰り返しているとお金に困ることに…

www.photo-ac.com

お金に困ってしまう人の特徴とはどのようなものだと思いますか?
今はお金に困っていなくても、こんな習慣を繰り返しているといつかお金に困ってしまうかもしれません。

そうならないために、お金に困ってしまう人の特徴を確認していきましょう。

特徴1 リボ払いや分割払いなら払えると思っている

stock.adobe.com

お金に困ってしまう人の特徴として、まずあげられるのが「リボ払い」や「分割払い」を利用する頻度が多いことが挙げられます。

少しでも支払い額が大きいものは「リボ払い」や「分割払い」で支払う。借金まみれになってしまう人の中には、水道代や電気代、ガス代といった水道光熱費でさえも、また月1万円を超えたら分割払いにするという人もいます。

「リボ払い」や「分割払い」を利用することで、一度に支払う金額は確かに少なくなるのですが、その分手数料が上乗せされ、総支払額は購入価格よりも多くなります。

また、月々の負担額を減らしたつもりになりやすいので、安易に他の「リボ払い」や「分割払い」を増やしてしまう傾向もあります。

徐々に支払いが苦しくなっていき、最後は月の支払い額が収入を超えてしまう人もいますから、安易な「リボ払い」や「分割払い」には注意が必要です。もちろん、住宅ローンなど一括では到底支払えないような買い物もありますから、すべての分割払いが悪いわけではありません。

水道光熱費やショッピングなど比較的少額の支払いには「リボ払い」や「分割払い」を利用しないようにするだけでも違うはずですから、気をつけましょう。

特徴2 足りない時は借りればいいと思っている

stock.adobe.com

実際に借金を抱えているご家庭のご相談をお引き受けしたことがありますが、借金が多いご家庭の方は「借金をすることに対する抵抗が少ない」という特徴があります。

もちろん、最初から「借金をしよう」と考える人は少ないのですが、「もう借金をするより仕方がない」と一度借金をしてしまうと、その後は「足りなくなったらまた借りればいい」という感覚になってしまうのです。

「期日までにとても支払えない」と思っていた支払いが、新たな借金をすることでポンと手元に支払うためのお金が手に入るのですから、「借金のおかげで助かった」と誤った金銭感覚を持ちやすいのです。

教育ローンや住宅ローンなどは比較的金利も低いのですが、消費者金融などに手を出し始めると、金利も高く、返済をするのも大変です。

ほとんどの人は「生涯にわたってわが家が借金まみれの生活になるはずはない」と考えていますが、長い人生、紆余曲折、予期せぬさまざまなことが起こるものです。

「借金まみれになるはずがない」と楽観的に考えすぎていると、痛い目を見ることがありますので気をつけましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ