無料の会員登録をすると
お気に入りができます

明日仕事へ行く元気がもらえる!おすすめ「ライト文芸」5選

「仕事が忙しすぎて疲れてしまった…」「もうやる気が出ない…」毎日仕事に追われていると、いつの間にか色々と考えてしまうことってありますよね。今回はそんな時でも気軽に読める「ライト文芸」から、明日のやる気をもらえるような「お仕事」がテーマの小説を5選ご紹介します。

2019年2月
カルチャー

ライト文芸って何?

「ライト文芸」とはそもそも何でしょうか?実はまだ新しいジャンルで明確な定義はありませんが、「一般文芸とライトノベルの中間」とされており、おおまかには「とっても読みやすい一般文芸」と考えていいでしょう。

unsplash.com

ジャンルは青春ものからファンタジー、ミステリー、サスペンスなど幅広く展開されていて、好きなジャンルで読みやすい本が見つかるのがポイント。今回はなかでも「お仕事」をメインに取り上げた小説を5選ご紹介します。

1.ちょっと今から仕事辞めてくる

最初にご紹介するのは、「ちょっと今から仕事辞めてくる」。今あなたがブラック企業に勤めていたり嫌な上司にいびられていたりして会社を辞めたいと思っているのなら、ぜひ読んでほしい1冊です。

ちょっと今から仕事辞めてくる

メディアワークス文庫

¥ 572

ブラック企業で上司の怒鳴り声を聞きながら毎日を過ごす主人公。ある日駅のホームから落ちそうになったところを、「ヤマモト」と名乗る男に助けられます。男は小学校のときの同級生だと言いますが、主人公には全くそんな記憶はありません。しかし男の勢いに流されて、覚えているフリをして付き合うことになり…。

商品詳細
ちょっと今から仕事辞めてくる
www.amazon.co.jp
商品詳細

難しい仕事の話ではなく、上司やヤマモトとの関係がメインなのですらすらと読めます。読後は元気をもらえますし、自分の人生を振り返るきっかけになるかもしれませんよ。

2.Bの戦場

「物心ついた頃から、わたしはブスだった」から始まるウェディングプランナーのお仕事小説。同僚同士の会話や関係性は会社勤めをしている人なら共感できることが多く、そこに美男子課長からのプロポーズも相まってページをめくる手が止まりません!

Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防

集英社オレンジ文庫

¥ 583

主人公の北條香澄は生まれながらのブス。お客様や同僚との間でへこむこともありますが、ウェディングへのあこがれからウェディングプランナーの仕事を続けています。ある時美男子で謎の多い上司、久世課長にプロポーズされて…!?そんなお仕事&ラブコメ小説!

商品詳細
Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防
www.amazon.co.jp
商品詳細

ブスだからこそ辛く傷つくシーンもありますが、それ以上にキャラクターの優しさにも癒される物語です。

3.これは経費で落ちません!

この物語の魅力は、主人公が淡々としっかり自分の仕事をこなしつつ、心の中で冷静に突っ込んでいくところ。共感できるところもあれば、経理のお仕事から社内の人間関係が見えて面白いところもあり、ドロドロしていないので爽快に読み進められます。

これは経費で落ちません!

集英社オレンジ文庫

¥ 594

主人公の森若沙名子は27歳、彼氏なし。一癖もニ癖もある社員に悩まされながら、石鹸や入浴剤のメーカー・天天コーポレーションで経理の仕事をしています。仕事を通して社内や取引先の人間関係が見えてきて…。ちょっとしたミステリーあり、恋愛要素あり。そんなOLの日常を描きます。

商品詳細
これは経費で落ちません!
www.amazon.co.jp
商品詳細

恋の行方もどうなることやら…?経理経験者だけでなく、日頃社内の経理の方にお世話になっている人にもおすすめです。

4.ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~

こちらは京都が舞台というだけあって、日本の四季や暦に合わせた伝統的な料理が登場する物語です。

ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~

メディアワークス文庫

¥ 659

舞台は姉小路通沿いにたたずむ、仕出し&弁当屋「ちどり亭」。主人公は、若き店主・花柚さんの車に轢かれそうになったことから、ここでバイトをすることになります。オムライスやおひたし、出汁巻きたまご、唐揚げ…「自分で自分の生活をオーガナイズすること」を大切にお弁当を作る、花柚さんと主人公のほのぼの人情ストーリーです。

商品詳細
ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~
www.amazon.co.jp
商品詳細

美味しく作るためのポイントが作中に散りばめられており、普段忙殺されている方も、自分のお弁当を時間や手間をたっぷりかけて作ってみたくなりますよ。食べ物がとっても美味しそうに描かれているので、お腹がへっているときは読まない方がいいかも?

記事に関するお問い合わせ