無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[トレーナー監修]女性が体脂肪を落とす方法を伝授!痩せるべき体脂肪率のボーダーは?

美容

そもそも体脂肪率を減らす必要はある!?

脂肪は、女性にとって身体を守るためにとても大切。

脂肪を必要以上に減らしてしまうと、月経不順になったり、冷えやめまいに悩まされるようになったりと、健康を害することもあるので注意してくださいね。

女性がダイエットすべき体脂肪率は何パ―セント?

20~23%くらいなら、これ以上体脂肪を減らす必要はありません!

体脂肪率28~29%くらいになると、周囲からも“ぽっちゃり”だと思われているかもしれません。

ただし、同じ体脂肪率でも、骨格や姿勢、脂肪のつき方になどにより、大きく見た目が変わってきます。輪郭がシャープな方だと細い女性という印象を受けたり、下半身がどっしりしている方だと太っているように見えたりします。これは、かなり個人差があるなと感じています。

ちなみに、厚生労働省が定めている数値では、女性の場合、体脂肪率20~25%が「普通」、30%以上が「肥満」となっています。女性の体脂肪率の平均は示されていませんが、トレーニングをしていない女性なら、23~27%くらいの方が多いのではないでしょうか。自分の体脂肪率を知らないという方は、体脂肪計でぜひ測ってみてくださいね。

厚生労働省が定めている数値
【医師監修】愛されボディのBMI値が知りたい!20~30代の女性が一番美しく見える体重はコレ

体脂肪を減らすには、まずは太る食生活を辞める

女性が体脂肪を減らしたいと思ったら、まずは食事を見直すことから始めましょう。特に、体脂肪率が27%以上の方!普段から甘いドリンクを飲んだり、毎日ちょっとしたおやつを食べたりしていませんか?外食が多い、お酒が好きという方も要注意です。

これらの習慣を辞めるだけで、体脂肪率25%くらいまでは落とせるはず。以下の習慣に当てはまることがないかチェックしてみてください。

<辞めれば痩せる!太る食生活>
・甘いラテを飲む(スタバ好きな女性注意!)
・おやつが習慣化している
・夕飯のあとに甘いものを食べる
・ランチがパスタ、丼など単品
・夕飯にご飯を茶碗1杯食べる
・飲み会が週に3回以上ある(〆まで食べることも)
・唐揚げ、コロッケ・・・揚げ物が好き!

これらの食生活は、糖質と脂質を過剰摂取している状態。糖質や脂質の多い食事は、中性脂肪が増える直接的な原因になっています!体脂肪を減らすには、その習慣を改善することが不可欠なのです。

それぞれ改善方法を伝授しますね。

<太る食生活は、こう改善しよう!>
・甘いラテを飲む(スタバ好きな女性注意!)
→ブラックコーヒー、紅茶、ハーブティーなどを飲んでみましょう。
・おやつが習慣化している
→甘いおやつを辞め、適量のナッツ、無糖のヨーグルトなどに切り替えましょう。
・夕飯のあとに甘いものを食べる
→ぐっと我慢して!その分、夕飯でタンパク質を摂取して満足感を得ましょう。
・ランチがパスタ、丼など単品
→サラダなどの副菜を追加して、栄養バランスをアップさせましょう
・夕飯にご飯を茶碗1杯食べる
→夜はもう寝るだけ。主食(糖質)は出来れば我慢して。
・飲み会が週に3回以上ある(〆まで食べることも)
→食べ過ぎ、飲み過ぎ注意!外食頻度も見直しましょう。
・唐揚げ、コロッケ・・・揚げ物が好き!
→焼く、煮るといったシンプルな調理法を選んでみましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ