無料の会員登録をすると
お気に入りができます

呼吸が浅い人は風邪をひきやすい?肺が正しく機能する3つのヨガポーズ

美容

風邪をケアするうえで、大切なのが呼吸器系の働き。胸郭が柔らかくなると呼吸器に届く空気量が増加し、呼吸の質がぐっと上がります。硬くなった胸郭を、異なる動作で効率よく柔軟に。理学療法士でヨガインストラクターの堀川ゆき先生に、肺が正しく機能する3つのヨガポーズを教えていただきました。

ヨガジャーナル日本版編集部

HOW TO

①膝立ちの姿勢から片脚を前に出し、つま先を立て、両手は体の両脇で自然に床へ。

POINT:骨盤を引いて頭頂部を突き出し、背骨の真っすぐなラインをキープ。正しいねじりの効果を得るにはマスト!

photo by Shoko Matsuhashi

②脚を伸ばした側の手を吸う息で上げ、吐いて下ろす。5秒ずつ5セットを反対側も。

POINT:骨盤を引いたまま、肩甲骨から開くように腕を伸ばし、雑巾を絞るようなイメージで背骨をツイストさせる。

パリブリッタアルダハヌマーンアーサナ/photo by Shoko Matsuhashi

NGポーズ:背中を丸めないように注意。みぞおちを天井に向けるイメージで。

photo by Shoko Matsuhashi

POSE3:立位の三日月のポーズで側屈

目的:体側を伸ばして、肋骨間の筋肉を収縮しやすく

上下で引っ張り合うように体を倒し、体側をストレッチ。胸の前側や肋骨の間にある筋肉を交互に伸び縮みさせることで、呼吸がさらに深まります。

HOW TO

①両脚を揃え、内腿に力を入れて立つ。肩は下げながら両手をアップし、親指をクロスさせる。

photo by Shoko Matsuhashi

②腕を引っ張るように上体を横に倒し、倒した側の脚を30度真横に開いて10秒キープ。左右で行い、 2セット目は親指を組み替えて。

POINT:手のひらや目線、おへそは正面をキープ。軸足の拇指球に体重を乗せ、親指以外の指を遠くへ伸ばして。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ