無料の会員登録をすると
お気に入りができます

医療現場でも実践!肺を正しく機能させる呼吸法

ヘルスケア

「ヨガの基本は、鼻呼吸。乾燥しやすい口呼吸に対し、粘膜を通して外気を温め、適度に加湿するメリットが。ホコリや細菌、ウイルスを取り除くフィルターの役割も果たします」 と堀川先生。
ヨガで行う鼻呼吸のほか、肺に残ったガスの交換率を高めるおすすめの方法をご紹介。深く長く吐き切ることで、呼吸の質を高めます。

呼吸法1:鼻呼吸

ヨガではおなじみの鼻呼吸。吸う・吐くを一定のペースで行い、深い呼吸を味わいましょう。息を吸うときは常に鼻からが基本。5秒かけて、ゆっくり一定のペースで自然に吸って。

5秒息を吸う/photo by Shoko Matsuhashi

HOW TO

鼻からゆっくり5秒かけて息を吐く。続いて鼻から5秒で吸いながら自然な呼吸を繰り返す。

5秒息を吐く/photo by Shoko Matsuhashi

呼吸法2:口すぼめ呼吸

呼吸器疾患のリハビリでも行われる方法。長く吐くことで換気量が増えて気道が広がり、リラックス効果も。

HOW TO

口をすぼめて「フゥー」とゆっくり10秒かけて、細く長い息を吐き切る。鼻から5秒吸って繰り返す。

息を吐く/photo by Shoko Matsuhashi

口すぼめ呼吸の練習法

コップの水にストローでぶくぶく泡立つように息を吐き続けると、感覚がつかめる。

POINT:鼻がつまって辛いときは、口で息を吸ってもOK

photo by Shoko Matsuhashi

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ