無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ヨガの代表的な流派9つを徹底解説! 特徴や運動量、おすすめスタジオは?

ヨガの代表的な9つの流派と各流派おすすめヨガスタジオを徹底解説。ヨガを始める際に迷うのが教室選び。まずはヨガにはさまざまな流派があることを知ってみて。汗かき度や運動量などを参考に、ピンとくる流派をトライしてみては?

ヨガジャーナル日本版編集部

美容

①アシュタンガヨガ・アシュタンガ ヴィンヤサ システム

特徴:太陽礼拝をベースに行うダイナミックな練習法

古くから伝わるヨガの根本教典に記されている“八支則”(アシュタンガ。ヨガを深めるために行うべき8つの教え)の考え方を基礎とし、呼吸とポーズをリンクさせてダイナミックに動く活動的なヨガ。太陽礼拝をベースにした練習法でポーズはすべて形と順番が決まっており、一つひとつ無理なくゆっくり動いていきます。動きと呼吸でエネルギーがチャージされて活力が湧き、柔軟性とバランス感覚がアップ。個々の状態に合わせて練習するので、レベルに関係なく始められます。

アシュタンガ
太陽礼拝

汗かき度★★★★☆
運動量★★★★☆
リラックス度★★★☆☆

教えてくれたのは...ケン・ハラクマ先生
インターナショナルヨガセンター(IYC)&アシュタンガヨガジャパン主宰。日本のヨガ界の第一人者。著書・DVD 多数。

アシュタンガヨガ

おすすめのスタジオ:インターナショナルヨガセンター( IYC)

呼吸でリードしながら体を動かしていきます

チャレンジングなポーズもありますが、レベルに合わせて指導します

②ヴィンヤサヨガ

特徴:呼吸と動きを連動させ流れの心地よさを味わう

太陽礼拝
シークエンス

汗かき度★★★☆☆
運動量★★★☆☆
リラックス度★★★☆☆

教えてくれたのは…ACO先生
日本におけるヴィンヤサヨガの草分け的存在。20年以上の指導経験から独自開発した「テンセグリティー・ヨガ」も指導。

ヴィンヤサヨガ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ