無料の会員登録をすると
お気に入りができます

渋谷でモーニングなら焼きたてパン4種を食べ比べできる「ヴィロン」へ!しかも、コーヒー飲み放題♪

「ブラッスリー ヴィロン 渋谷店」は、都内屈指の人気を誇るブーランジェリー。ブーランジェリーとはフランス語で「パン屋」のことで、同店ではフレンチスタイルのパンが人気を博しています。建物2階はブラッスリーになっていて、モーニングやディナーなどクラシックなフランス料理を提供。とくに焼きたてパンを楽しめるモーニングは毎朝、お客さんが行列をつくる人気ぶり。時には一人で、非日常感のある朝食を楽しみたいなら、ぜひヴィロンへ!

グルメ

人気ブーランジェリーで、フレンチスタイルの朝食を/ブラッスリー ヴィロン 渋谷店

渋谷駅から7~8分ほど歩いた、東急百貨店本店の向かいに「ブラッスリー ヴィロン 渋谷店」はあります。2月のある日、開店20分前だというのに、お店の前にはすでに5組ほどのお客さんが待機しているではありませんか!雪が降りそうな寒い日にもかかわらず、皆さん目を輝かせて開店を待っています。

店頭には、モーニングの概要を記した黒板が。「Petit Déjeuner(プティ・デジュネ)」とは、フランス語で「朝食」の意味です。

モーニングを提供するのは、毎朝9時から11時まで。料金1,620円を支払えば、バゲット、穀物が入った食パン「セレアル」、好みのヴィエノワズリー(菓子パン)を2個、計4種のパンを味わえます。さらに、ジャム6種とハチミツ、チョコレートペースト、そして飲み物(コーヒーか紅茶)も付いてきます。

この食事パンと菓子パンを組み合わせたメニューは、フランスでの朝食スタイルにならったものなのだとか。日本にいながらにして、本場のモーニングがいただけるなんて、なんとも贅沢です!

9時になり、いよいよお店がオープン!1階のブーランジェリーでは、店内の工房で焼き上がったパンがショーケースに並んでいます。幸せ成分に満ちた、焼きたてパンの香りに自然におなかが鳴ってしまいます。

ブーランジェリーに後ろ髪をひかれながら、2階へ通じる階段を上がります。階段の壁にはモノクロ写真が飾られていて、どこかクラシカルな雰囲気。大人のモーニングには、ピッタリですね。

おしゃれなブラッスリーで、気分はすっかりパリジェンヌ♪

ブラッスリーの内装は、フランスの飲食店のスタイルに合わせて赤と白の配色。家具や調度品は、フランスから輸入してきたものだそうです。席に腰掛ければ、まるでパリジェンヌになったような気分に。

座席は、カウンターをはじめ、二人がけのテーブル席やボックスシートを用意。開店早々に半分ほど埋まってしまいました。平日の客層は常連客が中心で、出勤前に朝食をとっていくケースも多いそうです。

席に着くと、スタッフがヴィエノワズリーの入ったバスケットを持ってきてくれました。

内容は、おなじみのクロワッサンに、チョコレートクリームがつまったデニッシュ「パン オ ショコラ」、レーズンを練りこんだ「パン オ レザン」など多種多様。スマホの待ち受け画面にしたい幸せな光景です♡

パンの味の決め手になるのが小麦粉。このお店では、本場の味を再現するために、フランス直輸入の小麦粉「レトロドール」を使用。レトロドールを使ったパンは、食感がもちもちとしていて、しっかり小麦の風味を味わえます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ