無料の会員登録をすると
お気に入りができます

骨盤の歪みを整えるポーズ[モデル野沢和香さんが提案!わかボディヨガ]

人気モデル・野沢和香さんが実践する、珠玉の美アーサナで憧れボディを手に入れよう。

ヨガジャーナル日本版編集部

美容

左右差による不調を改善するポーズ

いつも同じ側で脚を組んだり、決まった足から靴下をはいたり。そんな体の左右差は、誰にだってあるものです。けれどそれが極端になって全身のバランスを崩してしまうと、こりなどの不調となって現れるんですね。

これを改善するカギは、骨盤。背骨を支え、下半身の筋肉へとつながる“要”の部分です。そんな骨盤へのアプローチに最適なのが「門のポーズ」。

門のポーズ

門のポーズの効果:全身の“要”になる骨盤まわりの硬直した筋肉をゆるめて柔軟に

門のポーズで膝を固定することで、太腿、骨盤~背骨をつなぐ腸腰筋、さらに体側と、骨盤まわりで硬くなると歪みを引き起こす筋肉を効果的にほぐします。また、骨盤の中心でお尻の臀筋群などが集まる仙骨周辺はストレッチしづらく、筋膜も硬くなりやすい場所。下でご紹介するエクササイズも取り入れながら、しなやかに動く骨盤をGETして!

「左右対称に動くヨガは、歪みに対する気づきを深めます」と和香さん。なかでも今回は、全身のバランスを左右する“骨盤”に注目。こりなどの不調を改善し、気になるボディーラインを整える効果も期待できます!

HOW TO

1.膝立ちの姿勢で両手を腰に当て、膝の延長線上にくるように片脚を横に真っすぐ開く。骨盤をしっかり立て、かかとと親指は一直線上に伸ばして。

門のポーズのステップ/Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

2.伸ばした脚の太腿に手をおき、反対の手は真っすぐ上げて体側を伸ばす。このとき肩甲骨を下げて鎖骨を開くよう意識。首は縮めないように注意して。

門のポーズのステップ/Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

3.脚においた手を滑らせながら、手を上げたまま背骨を骨盤ごと真横に倒す。上体が前傾しないように注意し、目線は斜め上の天井に向けて5呼吸キープ。反対側も同様に。

門のポーズ/Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

教えてくれたのは...野沢和香先生
雑誌『VERY』(光文社)やCMなどで活躍するモデル。2007年に全米ヨガアライアンスを取得し、ヨガインストラクターとしても人気を博している。

全米ヨガアライアンス
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ