無料の会員登録をすると
お気に入りができます

花より団子。舌で味わう桜はいかが?さくらスイーツで春を満喫!

レシピ

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。桜の季節になりましたね。きれいな桜を眺めてお花見もいいけれど、花より団子、舌で味わう桜はいかがですか?桜の風味を加えたお菓子は、作るのも食べるのも楽しい気分に。ほんのり桜色のさくらスイーツで春を味わいましょう!

桜の風味を加えてくれる材料

さくらスイーツ作りで重宝するのが、桜の花の塩漬け。塩抜きをしてそのまま飾ると見た目も可愛らしく、また、トッピングしたり刻んで材料に混ぜて使ったり、桜の風味を楽しむことも出来ます。

製菓材料店では、桜あんや、桜のリキュール、フリーズドライの桜のパウダー、桜の葉など、桜のお菓子作りに便利な材料がいろいろ販売されています。

いつものお菓子や料理にちょっと加えれば、手軽に春の彩りを添えられます。製菓材料を扱うお店や通信販売の他、スーパーに置いてあるものもありますので、ぜひ、チェックしてみてください。

さくらスコーン

桜の葉を刻んで入れたスコーンは、焼いていると、桜のいい香りがキッチンに漂います。桜の花は彩と味のアクセント。朝ごはんにも、おやつにもぴったりです。

作るときは、粉もバターも冷たく冷やし、カットしたら、切り口を触らないようにします。
また、桜の花は水分を切りすぎると焦げてしまうので、ぎゅっとしぼらず少し水分がのこっている状態で使うようにして下さい。

材料(6個くらい)

・薄力粉 100g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・砂糖 大さじ1
・無塩バター 25g
・牛乳 大さじ3
・桜の葉の塩漬け 5枚
・桜の花の塩漬け 6個

作り方

① 桜の葉は洗って真ん中の堅い軸を切り、細かく刻む。桜の花は塩を洗い、水に30分くらいつけて塩抜きをする。

② 薄力粉とベーキングパウダー、砂糖をボウルに入れて、1cm角に切ったバターを入れ、フォークやスケッパーなどで切り混ぜる。バターが米粒くらいになったら、手で擦り混ぜたら、牛乳を入れてまとめる(こねない)。

③ ボウルの中で半分に切って重ねて押し、また半分に切って押すという作業を数回繰り返したら、ラップをして、冷蔵庫で30分以上生地を寝かせる。

④ ひらたく伸ばして包丁で四角にカットし、うえに牛乳を塗り、さくらの花をのせる。

⑤ 170度のオーブンで25分くらい焼く。

桜のスティックチーズケーキ

チーズケーキの生地に桜の風味をつけ、桜の花をちょこんと乗せて焼きました。スティック状にカットすると食べやすく、プレゼントなどにもぴったりです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ