無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[3分で超理解]はじめての「スマホ決済」、まず知っておくべき基本の“き”

キャッシュレスの波に乗り遅れたあなたもまだ間に合います! 東京五輪やインバウンド需要の高まりもあり、国を挙げてキャッシュレス化を推進する動きが強まっています。このキャッシュレス化にあたり、注目されているのがApple Pay、QRコードなど自分の携帯でお金を支払う「スマホ決済」です。今回はまず、スマホ決済の基本の“き”からお伝えしたいと思います。

360.life編集部/Test by MONOQLO the MONEY

ライフスタイル

スマホがお財布代わりに!ポイントも貯まります

お買い物や食事などの支払い方法は、現金、クレジットカード、電子マネーなど多様化しています。しかし、日本はまだまだキャッシュレス途上国。韓国のキャッシュレス比率は9割以上、中国ではQRコード決済ができないと生活できないといわれるほど、海外ではキャッシュレスが普及しています。

公式サイトで見る

しかし、PayPayの「100億円キャンペーン」など、ここにきて日本もキャッシュレスを推進する動きが強まっており、国の目標は、2025年までに私たちが行う決済の4割をキャッシュレス化するとのこと。

現金信仰の根強い日本で、ハードルが高いのでは? と思われますが、10月に控える消費増税を機に導入されるキャッシュレス決済時のポイント還元制度が起爆剤となって、キャッシュレス比率がグンと上昇する可能性が高そうです。

【支払い方法比較】ポイントのない現金派は損をしている!?

ところで、みなさんは買い物などの支払いはどのようにしていますか? ほとんどの方は現金、カード、スマホ決済のいずれかで支払いを済ませているかと思います。この3つの方法のメリットとデメリットを比較してみましょう。

とくに現金派の方は残高管理がしやすい半面、利用しても基本的にポイントなど還元されないことが多く、実質的に損をする場面が多くなっています。

1.現金

■メリット
○手元に金額がいくらあるか把握しやすい

■デメリット
×残高が足りないと買えない
×紛失や盗難に遭うなどの心配がある
×ポイントが付与されない(会員ポイントなどは別)

2.カード(クレジットカード・電子マネー)

■メリット
○残高を心配せずに買い物ができる(クレジットカード・後払い型電子マネー)
○クレカ・電子マネーのポイントが貯まる

■デメリット
×使いすぎてしまうおそれがある

3.スマホ決済(クレジットカード・電子マネー)

■メリット
○お金を数えないから速い!

お財布が小銭でパンパンということがなくなります。また、レジ前でお金を数えなくていいので、お会計がスピーディ。

○現金を使うより安くなることが多い
クレカや電子マネーのポイントや特典は、スマホでも同じになっていることが多く、現金よりもお得になることがあります。

○セキュリティが強力!

パスコードや生体認証がないと起動しないスマホなら、落としたり盗まれても高い安心感があります。

上述のとおり、カードやスマホ決済はポイントが貯まってお得です。また、スマホ決済ならセキュリティが強力なうえ、お財布を持たなくてもいいので安心感が違います。

最近利用できる場所が増えている「スマホ決済」って何のこと?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ