無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚できる・できない?老後必要資金は1500万?6000万?ライフプランって何ですか?

ライフスタイル

こんにちは、消費者問題に特化した「消費者ニュース」の編集を経て今はフリーで活動しているヨムーノライターetukosです。

ライフプランとは、何歳ごろに何の目的でいくらお金が必要かをおおまかに書き出して、それにそって計画的にお金を貯めたり保険に入ったり資格を取ったりするなどの計画を立てることです。

自分の人生の設計図のようなものですね。
しかし、人生は紙面に描いたようにはいきません……いつ何が起こるか分かりませんが、だからこそ早いうちに自分なりのライフプランを立てておく必要があるのです。

ここでは、なりゆき任せの不安から脱却して、「一生お金に困らない」ために、今と未来を考えるヒントをご紹介します。

キーワードは「仕事に就く」「お金を貯める」「健康を維持する」「趣味や生きがいを持つ」

収入を得るには仕事をしなければなりませんが、健康でなければ働けません。
また、長い人生を楽しく生きていくためには、趣味や生きがいも必要ですよね。

一般的にまとまった資金がいる時期は、20代~30代では結婚資金、30代~40代は子どもの教育資金と住宅取得のための資金、50代~60代は老後資金などが貯蓄目的となります。

現在の自分の立ち位置を出発点として、5年刻みで80歳くらいまでのライフプラン表を作成しましょう。
現在は生き方が多様化しており、一生シングルの人やあえて子どもを持たない夫婦もあり、ひと昔前のようにマニュアル通りのライフプラン表は作りにくいものです。

しかし、自分の人生は自分で作るものでもあり、夢を描くことが現実化することでもあります。
成り行き任せで生きてきた人も、ここでちょっと未来の自分がどうありたいかを考えてみませんか?

年代別「ライプラン」を考えるポイント

20代から30代

20代だと、まだ正直ライフプランを立てるのは難しいかもしれませんね。結婚していなければなおさらです。まずは、理想の将来を思い描きながらやってみましょう。

例えば、30歳で結婚して35歳~38歳までくらいには二人の子どもが欲しいとか、40代には郊外に一戸建て住宅が欲しいなど、なるべく具体的に夢を文字化して、プラン表に書き入れてみることで、未来予測が立てられます。

ちなみに結婚資金は平均300万円前後 と言われていますが、今は志向により様々なプランを選択できます。

30代から40代

ライフステージが進み、結婚して子どもができると急にプランが具体的になります。
20代のはじめに作成したライフプランは結婚や出産を機に見直しましょう。

この機会に、子どもにかかる教育費をどんな形で準備するのか、住宅をまだ取得していない場合は、賃貸を続けるのか、購入するならマンションにするのか戸建住宅にするのかなどを検討して諸経費を書き出し、準備資金について検討しておきます。

晩婚化の影響もあり、結婚や出産の年代は年々遅くなっていますが、30代半ばごろには、おおよそのリアリティあるプランが作成できるのではないでしょうか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ