無料の会員登録をすると
お気に入りができます

洋服もあえてリビング収納!?探し物ストレスが消える「家族全員が暮らしやすい」収納術

ライフスタイル

すご~く、すご~く厳選して、よく着る服だけを脱衣所に収納していた時期もありました。
けれど、脱衣所には子どもたちの下着類やパジャマも収納しているので、容量はパンパン!

リビングチェストを置いてから、子どもたちの洋服類だけをこちらにしまえるようになりました。

リビングの中心に洋服を収納したことで、朝の着替えもさっと済ませられるように◎。
ちなみに我が家では学用品や幼稚園のカバン類もリビングに収納しています。

子ども用品がリビングにまとまるだけで、私がキッチンに立っていても子どもたちの様子がよく見えますし、朝の支度なども本当にスムーズになりました。

暮らしやすくするための”収納”

未だに子どもたちの季節外の洋服は2階に収納していますが、年に数回の衣替え時に衣類を移動するくらいは私の中で手間に感じることはありません。

大切なのは「日々の生活のしやすさ」。

例えば、毎日2階や脱衣所に洋服を取りに行って、バタバタ動くより、リビング1箇所にまとめて全ての準備がその場で完結する方が、絶対に楽です◎。

特に子育て家庭の方にとって、時間は有効に使いたいものの1つ。
モノを取りに行く手間・探す手間はなるべく省きたいですよね。本当なら大人の洋服類も1階に収納スペースが欲しいほど(笑)。

収納用品も買い足しすぎるとお部屋が狭くなってしまいます。
何をどこにしまうかをよく考えてから、収納家具を取り入れるようにするだけで、暮らしやすさに繋がってくると思います。

リビングに洋服を収納するようになってから、うちでは子どもたちが畳んでしまってくれるようになったりと、助かることも増えました。

ぜひ、生活の主体となるスペースに、暮らし心地を考えた収納を取り入れてみてくださいね。

ライター pinkmaple

2012年にモデルハウスの建売住宅を購入しました。
そこからインテリアに目覚め、雑貨の飾り方や収納・片付けについて自分なりに勉強しながら楽しんでいます。
そんな日々の暮らしの様子をSNSにて更新しています。去年の夏に片づけ遊び指導士という資格を取得しました。今後さらにお片付けについて学んでいきたいなと考えています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ