無料の会員登録をすると
お気に入りができます

テストする女性誌『LDK the Beauty』が教える[日焼け止めの選び方]|おすすめのアイテムも![2019年最新版]

美容

日差しが強くなり、紫外線量がグッと多くなるこの時季、日焼け止めを買う人も多いですよね。みなさんは、何を基準に日焼け止めを選びますか?「SPFとPAが高いもの!」と答えたあなた、もしかしたら肌に負担をかけているかもしれません。そこで、今すぐ知っておきたい「正しい日焼け止めの選び方」を徹底解説!おすすめのアイテムもご紹介します。

西尾記代子/Test by LDK the Beauty編集部

日焼け止めって必要?塗らないと肌老化の原因に!

日差しが強くなると気になりはじめる「紫外線」。紫外線を浴びすぎると、肌が炎症を起こしたり、肌老化が促進すると言われています。

紫外線を浴びると肌の内部で活性酸素が発生し、細胞がダメージを受けます。すると、数年後にシワやたるみ、シミとなって現れる可能性が…。紫外線から肌を守るためには、日焼け止めを塗って肌に直接紫外線を浴びないことが大切です。

とはいえ、ドラッグストアにはたくさんの日焼け止めが並んでいて、何を基準に選べばいいか迷ってしまいませんか?そこで、今回は日焼け止めの正しい選び方をご紹介します。

顔用とからだ用の違いは?UVベースも進化中です!

日焼け止めのパッケージを見ると「顔・からだ用」「化粧下地」などの使用部位が記載されています。「何が違うの?」と思うかもしれませんが、顔用はからだ用よりも低刺激な処方になっているんです。

顔用をからだに使用することは問題ありませんが、からだ用を顔に使用するのは避けましょう。特に肌が刺激に弱い敏感肌さんは、敏感肌用の日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

▼敏感肌にオススメはこちら

ピエール ファーブル ジャポン
アベンヌ
ミネラルフルイド UV
日焼け止め用乳液(敏感肌用)
SPF50+/PA++++
実勢価格:3498円

Amazonで見る

また、「UVベース」とは、UVカット機能付き化粧下地のこと。紫外線から肌を守る「日焼け止め」と、肌を整える「化粧下地」の2つの役割が1本で済むことから、今ではベースメイクづくりに欠かせないアイテムとなっています。

さらに最近のUVベースには、BBクリーム、コントロールカラー、美白、エイジングケア、近赤外線やブルーライトカットといった、さまざまな機能を備えたハイスペックな製品が多数登場しています。1本で紫外線を防ぐだけでなく、スキンケア効果まで期待できるんです。

▼UVベースのオススメはこちら

ロート製薬
スキンアクア
トーンアップUVエッセンス
SPF50+/PA++++
実勢価格:1192円

Amazonで見る
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ