無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[食器の断捨離]手放しづらい食器を整理する方法

ライフスタイル
welcome-to-gettyimages.jp

マスターライフオーガナイザー®のはやさかひろみです。

食器棚にたくさんのお皿やグラス、マグカップなどが入っていて片づけたい、減らしたいんだけどなかなかできない……というお悩みを伺うことがあります。

食器の片づけには、他のものの片づけとは違ったちょっとしたポイントがあるんです。そこで今回は、食器を整理するコツをお伝えします。

食器の整理が難しいのはなぜ?

welcome-to-gettyimages.jp

大小さまざまなお皿やグラス、マグカップなど、家族の人数分以上に所有しているお宅も多いのではないでしょうか?

マグカップが好きで、食器収納はマグカップだらけ……。かわいいお皿があるとついつい買ってしまう……。

必要以上に所有しているとわかっているのに、片づけられないと悩んでしまうのはなぜなのでしょうか? それは、食器には手放しづらい理由があるからなんです。

食器が手放しづらい理由

①壊れていない

welcome-to-gettyimages.jp

欠けたり割れたりした食器は、手放すことが多いと思います。よほど思い入れのあるものは補修して使うこともありますが、欠けたり割れたりしてしまった時点で「仕方ないな」と割とすんなり手放せるものです。

では、壊れていないものはどうでしょうか? 滅多に使わなかったり使いにくかったりしても、「壊れていない」=「使える」と考えてしまいがち。確かに「壊れていない」=「使える」ですが、「使える」というのは食器としての機能。食器としてはまだまだ活躍できますが、果たして自分や家族にとって必要かどうか、それはまた別の問題なのです。そのため安易に「使える」と思って所有していると、自分に見合った、家族に見合った量をすぐに超えてしまいます。

使えるからとっておくのではなく、自分が使いたいかどうかを考えてみましょう。ただ「使える」という食器としての機能だけで所有していると、なかなか出番がなく食器棚のスペースを占領してしまうだけになるかもしれません。

②ペア・セットになっている

welcome-to-gettyimages.jp

他のものにはあまりなく食器特有とも言えるのが、この「ペア・セットになっている」ということです。

カップとソーサーのセットや、5枚組のお皿、同じシリーズの大小の鉢など。必要なのはセットの中の2つだけだとしても、揃いのものは全て持っておかないといけないような気がしてしまうもの。

引き出物などのいただき物には特に、セットものが多いので要注意です。そもそも食器でなくても〇〇さんにいただいた、というだけで手放しにくいものですが、さらにセットで揃っているということが手放しにくさを助長しています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ