無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無印良品とコクヨを使った「取扱説明書」収納アイディア

インテリア

こんにちは、ヨムーノライターのks._.myhomeです。
いつも読んでいただきありがとうございます。

突然ですが、「取扱説明書」全部取っておきますか?
捨てますか?

私はなにかと心配性なので、スマホやパソコンで検索すれば見られる時代だとはいえ、紙ベースで取っておかないとダメな性格のため、基本全部取ってあるんです。

でも一つ一つ分厚い型紙を付けて収納しようとすると、収納ケースがすぐにパンパンになりませんか?
あまりにも細かくカテゴリー分けすると、どこに何があるのか逆にわからなくなったりしますよね。

そこで今回は、取扱説明書が断捨離できず、でもキレイにコンパクトに収納したい!と思うわがままな私がやっている収納方法をお伝えします。

いま無印良品に関する記事で一番読まれています

明日から活用できる!無印良品収納アイデアとキッチン雑貨

使うもの

・無印良品「ポリプロピレンファイルボックス」

・コクヨ「個別フォルダー」

・付箋
・テプラ

まずは取扱説明書の収納といったらこれ!
無印良品のポリプロピレンファイルボックス。

断捨離できない方は大サイズを用意するといいと思います。

次に、無印良品のポリプロピレンボックスにぴったりなコクヨの個別フォルダーポリプロピレン製5個入り。

ちなみにコクヨの個別フォルダーで4つ入りの見出しが横に並んでるタイプもありますが、私はいずれ追加で見出しを作る際に、カテゴリーの配列が崩れるのが嫌で縦に並んでいるものを選びました。

おすすめのテプラ

我が家はテプラの代わりにブラザーのピータッチキューブを愛用しています。

これが本当に便利で、特に子育て中やお仕事されている方!
子育てで忙しい合間や、外出先、このラミネートを作りたいとぱっと思いついたときに携帯でばばっと作って保存ができるんです。
それをあとでbluetoothを使って本体に飛ばして一気に印刷が可能なんです!

テープの色はつや消しライトグレーがおすすめです♡

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ