無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知ってた?SPF30のUV下地ベストは“あのブランド”だったんです!

美容

紫外線で肌老化が促進!SPF30の日焼け止め下地は必須

紫外線は美肌の大敵! 紫外線を浴びると肌老化が促進すると言われています。この時季、すでに紫外線量はぐんぐんアップしているので、UV対策は必須です。

でも、日焼け止め下地にはさまざまな種類がありますよね。SPF・PA値の高さなど、利用シーンや目的によって選び方の基準は違ってきます。

特に、SPF50の日焼け止め下地はSPF30に比べて肌への刺激も強め。毎日の通勤時やちょっとした外出程度ならSPF30でも十分なんです。

もっと詳しく日焼け止めの選び方を知りたいという方は、こちらの記事をチェックしてみてください。

こちらの記事

プチプラからデパコスまで最強の日焼け止め下地を探します!

そもそも日焼け止め下地とは、UVカット機能が付いた化粧下地のこと。紫外線から肌を守る「日焼け止め」と、肌を整える「化粧下地」の2つの役割が1本で済むことから、今ではベースメイクづくりに欠かせないアイテムとなっています。

さらに最近の日焼け止め下地には、BBクリーム、コントロールカラー、美白、エイジングケア、近赤外線やブルーライトカットといった、さまざまな機能を備えたハイスペックな製品が多数登場しています。

ただ紫外線を防ぐだけでなく、スキンケア効果まで期待できるんです。

選び方のポイントは焼けにくさ肌への優しさ、崩れにくさの3つ

日焼け止め下地は、メイクの一番下に塗るものですよね。焼けにくさはもちろんのこと、肌への優しさや崩れにくさも譲れないポイントです。

【ポイント①:肌が焼けにくいか】
肌を焼かないために日焼け止めを塗ったのに、メイクを落としたら肌が真っ赤に…なんてショックですよね。しっかり紫外線をはじいて、肌に届けさせないことが大切です。

そこで、日常生活で浴びる紫外線量を意識して、実際の日光で紫外線カット効果をチェックしました。日焼け止めを皮膚に見立てたPP板に塗り、その下に紫外線が当たるとピンクに変わるUVラベルを設置。5分間日光に当ててラベルの変化を観測しました。

UVラベルが濃いピンクになるほど紫外線を浴びてしまった証拠。日光に当てる前後の色を色差計で数値化し、その差でUVカット率を算出しました。

さらに、モニターさんの背中に規定量の日焼け止めを塗り、日焼けサロンで焼け具合もチェック。何も塗っていない部分との色差がくっきりしているほど、高評価としました。

【ポイント②:刺激成分が少なく肌に優しいか】
日焼け止めに含まれる成分には、肌に刺激を与えるものもあります。敏感肌でも安心して使えるように、成分についてもチェック。

日焼け止めには、日焼け止め防止成分の散乱剤や吸収剤が使用されています。紫外線を反射させる散乱剤よりも、紫外線と化学反応を起こす吸収剤の方が肌への刺激が強いため、散乱剤の方を高評価としています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ