無料の会員登録をすると
お気に入りができます

じつは「既読スルー」でも脈ありなパターン4つ

恋愛・結婚

既読スルーをされるとショック!そう感じる方は多いはず。特に、恋をしているなら、「既読スルー=脈なし」と考えてしまいますよね。

でも実は、既読スルーにそれほど意味がない場合もあるんです。

もちろん、デートのお誘いをしているのにもかかわらず、3日返信がないなら、諦めたほうがいいかもしれませんが……。

そこで今回は、既読スルーはされるけど、じつは脈ありというケースをご紹介。「既読スルー=脈なし」と考えるのはまだ早いかもしれませんよ。

1、会ったらたくさん話してくれる

話題をふっても、画像付きのメッセージを送っても、LINEの既読がつくのみで、返事が来ない……。そんなときは、がっかりしてしまいますね。

でも、「既読」が付いた時点で、相手は「ふ~ん」「あ~なるほど」「そうなんだ~」と納得して、終わっているだけかもしれません。

もし、会ったときにたくさん話してくれるなら、それは、無視されているわけではないのです。

「そういえばこの前LINEで○○が好きっていってたよね」などと話題にしてくれるなら、むしろ会ったときに話したい内容だったのかも。

そんな相手には、LINEで無理に話題を繋ごう・投げようとせず、「今度○○のこと聞かせて!」と会ったときの話題につなげる形で、LINEするのがおすすめ。

少数派ですが、「LINE<会って話したい」というタイプの男性だっているのですから。

2、相手からもLINEがくる

こちらからのLINEへの返信はあまりないけど、相手からLINEがわりと来る。そんな状況なら、脈ありというケースも。

その場合、単に「返事としてのLINE」を考えるのが、苦手なだけなのかもしれません。

むしろ、既読スルーはしないけど、当たり障りのない返信しかこない、というより脈ありの可能性が高いでしょう。

そんな彼には、会話を続けるよりも、相手の返事がいらないようなLINEが◎。

「すごい!」「わたしも食べたい!」「今度そのお店一緒にいきたい!考えといてね!」という、ハッキリした内容で返してみましょう。

3、通話に出てくれる率が高い

そういえば、LINEよりも通話のほうが多い……という状況なら、脈ありと考えていいかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ