無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手っ取り早く「幸せ」になる唯一の方法

恋愛・結婚

こんにちは、仁科友里です。

「幸せになりたい」と思ったことのない人はいないと思いますが、それでは「幸せってなんですか?」と聞かれて、即座に答えられる人は少数ではないでしょうか。

今日はどうしたら幸せになれるのかについて、一緒に考えていきましょう。

幸せな人の特徴とは

理由は説明できないけれど、なんとなく「幸せに見える人」とそうでない印象を与える人がいます。

このちがいはどこから来るのでしょうか。

幸せな人と不幸な人のちがい

日本は謙虚を美徳とする社会ですから、自分から「幸せです」という人はまれでしょう。

また、オトナの世界には「相手が返答に困ることを言わない」という暗黙のルールがありますから、「私って不幸なんです」と言う人もほとんどいないと思います。

ですから、幸せか不幸なのかを他人が判断することはできません。

にもかかわらず、あなたが「あの人は幸せだ」「あの人は不幸だ」と思うなら、それは、あなたがその人の外側の部分にこだわっているということ。

たとえば有名企業に勤めているとか、年収、肩書といった条件面があなたの幸せの基準であることを示しています。

念のため申し添えますが、肩書や条件にこだわるというのは悪いことではありません。社会を生き抜いていくうえで、肩書は絶対に必要なものです。

ただ、それをどこまで重んじるかは、その人次第。

本人が自称しているわけでもないのに、あなたが「あの人は幸せ(もしくは不幸せ)」と決めつけたくなるとしたら、あなた自身が条件重視なタイプということ。その場合は、自分の条件を充実させることを心がけましょう。

自分にとって、「譲れない幸福の条件」をはっきりさせることが、「幸せな人」への近道だからです。

私はみなさんより長く生きていますので、年長者特権で言わせてもらいますが、「私は幸せだ」「私は不幸だ」と言う人は、心の底からの本心かというと、ちょっとちがうのではないかと思います。

「私って幸せ」だと思う瞬間が来たとしましょう。が、いつまでも「私って幸せ」と浸っていられるほど、オトナの世界は甘くないのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ