無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ダイエット中でも食べたい!]太りにくいパンとおすすめパンレシピ6選

レシピ

糖質やカロリーの高さから、パンを我慢してはいませんか?「ご飯よりもパン派」、「ダイエット中でもパンが食べたい!」という方もいますよね。ダイエット中もOKなパンの種類や、パンを使ったおすすめダイエットレシピをご紹介♪パンをおいしく食べてやせましょう!

ダイエット中はパンを控えるべき?

管理栄養士が認める!太りにくいパン4選

パンは太りやすいと思われがちな食材です。しかし、種類によってはご飯よりも糖質が低く、カロリーが控えめなものもあるのですよ。ダイエット中も楽しめるよう、パンをうまく選べるようになりましょう。

太りにくいパン1:全粒粉パン

全粒粉は、小麦の外皮の部分ごと挽いて粉にしたものです。そのため、食物繊維、ミネラル、ビタミンなどの多くの栄養素が非常に豊富なのです。繊維質を多く含むことから、血糖値も上がりにくいといわれています。繊維質が多いという点では、ライ麦パンや玄米パンもおすすめですよ。

太りにくいパン2:ベーグル

ベーグルは、パンを焼く前に生地を茹でていることをご存知ですか?そのため、あの独特の重くどっしりとした、もちもち食感が生まれるのです。

さらに、ベーグルの主な原料は小麦粉と水で、通常のパンで多く使われているバターや卵、牛乳などがほとんど使われていません。そのため、パンの中ではとても低カロリーで、脂質も少ないのです。噛みごたえもあるため、満腹感を得やすく、腹持ちがよいのもダイエット向きといえます。

太りにくいパン3:噛み応えのあるパン

フランスパンやカンパーニュなどのハード系のパンも、太りにくいパンといえます。咀嚼回数が増えることで、満腹中枢が刺激されやすくなり、少量でも満足できることが多いのです。また、ふわふわ系のパンと比べてカロリーも低め。ダイエット中は噛み応えのあるパンを選ぶようにしましょう。

太りにくいパン4:野菜たっぷりの総菜パン

惣菜パンは太りやすいイメージがあるでしょう。確かにデザート系のパンやカレーパン、焼きそばぱんやコロッケパンなどはカロリーが気になるところ。

しかし、野菜が豊富なサンドイッチなどの場合は例外といえます。パン単品で食べるよりも栄養素をバランスよく摂取することができ、さらに、野菜と一緒に食べることで、パンの糖質の吸収がゆるやかになると考えられているのです。

自宅でトライ!ダイエット中でもパンを食事で取り入れよう

カロリー控えめで満足感あり!パンのレシピ3選

パンのみを食べるのでは、栄養バランスが偏ってしまいます。できれば、栄養を補うことのできる、その他の食材と組み合わせて食べた方が、健康的なダイエットにつながるためおすすめです。「ダイエット中でも食べたい!」と思える、おいしいレシピをご紹介します!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ