無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[連載]想い出の写真を特等席に!壁に飾る「フォトキャンバス」のおしゃれポイント

想い出の写真を写真立てで飾ることが少なくなってきたこの頃。おしゃれな写真の楽しみ方としておすすめしたいのがフォトキャンバスです。今回は、そのフォトキャンバスをもっとおしゃれに楽しむための3つのポイントをご紹介します!

中村 佳子

インテリア

想い出の写真を写真立てで飾ることが少なくなってきたこの頃。おしゃれな写真の楽しみ方としておすすめしたいのがフォトキャンバスです。

今回は、そのフォトキャンバスをもっとおしゃれに楽しむための3つのポイントをご紹介します!

フォトキャンバスとは

folk-media.com

「フォトキャンバス」とは、イラストやデザインなどのデジタルデータを直接キャンバスにプリントするもの。

(ネットでは、「フォトキャンバス」や「キャンバスプリント」と検索すれば、いくつもメーカーがでてきます。)

わが家でも、リビングの壁に子どもたちの写真をフォトキャンバスで飾っています。

folk-media.com

絵を描くキャンバスに、データの写真が印刷してあります。

folk-media.com

厚さは2㎝。普通に写真用紙に印刷するよりもマットな仕上がりで素材感も違うので、存在感があります。

フォトキャンバスの1番のいいところは、想い出の写真を飾っているのに部屋でもパッと目を引き、インテリアの役割もしてくれるところかもしれません。

フォトキャンバスをもっとおしゃれに見せるための3つのポイント

1.異なるサイズのものを複数個並べる

folk-media.com

1枚でもおしゃれなキャンバスですが、複数個一緒に並べることで存在感を増し、おしゃれに見えます。

同じ大きさのものをきれいに等間隔で並べるのではなく、異なるサイズのものを組み合わせて飾る方が1つのインテリアとして映えます。

2.モノクロで雑多な組み合わせを避ける

folk-media.com

子どものいい表情の写真が撮れるのはほとんどが雑多な日常の中なので、写真も生活感が出ていた雑多な印象のものが多く、それを組み合わせるとがちゃがちゃしてみえます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ