無料の会員登録をすると
お気に入りができます

貯蓄額なら年収300万といい勝負?贅沢していない年収800万円の現実

ライフスタイル

こんにちは、ファイナンシャルプランナー2級と夫婦カウンセラーの資格を持つヨムーノライターFujisawaです。

「あそこのお宅はいい立地だし、給与もたくさんっもらっているから、きっと貯蓄もたくさんあるんだろうな……」と思ったことはありませんか?
ことわざでいうと、「隣の芝生は青い」ですね。

しかし、総務省統計局データから算出すると年収800万円のいわゆる「高給取り世帯」の貯蓄率が年収300万円世帯より低いことが判明しました!

ではなぜ、貯蓄率に逆転現象が起きたのでしょうか?
ここでは、年収300万円世帯の貯蓄率が高い理由について調査してみました。

もしかしたら、アナタも”他人からは貯蓄がたくさんある”と思われているかも!?

300万円世帯と800万円世帯の平均貯蓄額は?

・世帯収入300万円世帯の平均貯蓄額は、839万円(貯蓄率2.79%)

・世帯収入800万円世帯の平均貯蓄額は、1,548万円(貯蓄率1.93%)

と貯蓄額では500万円ほど差があるものの、800万円世帯の貯蓄率が低いことがこのデータからわかります。

※参考にした数字:統計で見る日本

統計で見る日本

300万円世帯の貯蓄率で800万円の収入があった場合で試算すると、2,232万円の貯蓄があってもいい計算になります。

逆に、800万円世帯が300万円の収入だった場合、579万円しか貯金できない計算になります。

年収800万が使えるお金は「627万円」

年収が800万円であっても実際に手元に入ってくるお金は627万円前後です(家族構成、居住区によって異なる)。

それに対して年収300万円の場合は、手取りにして255万円前後(家族構成、居住区によって異なる)。

所得税、住民税、社会保険料など引かれる金額が低いという点も貯蓄率に関わります。
数字だけ比べると300万円と800万円で500万円の差があると思われますが、その差はおよそ370万です。

「年収800万円」の額面だけをみると高収入に感じますが、実際に手元に残って「使えるお金」は627万円です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ