無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[のび太という生き方]しずかちゃんとの結末から学ぶ「人の幸せを優先する」人間関係の極意

エンタメ

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

国民的マンガ「ドラえもん」。
のび太が望む幸せが、しずかちゃんと結婚することであるのは有名ですよね。そんなのび太の一方的な片思い?から学ぶ素晴らしい考え方がありました。

ここでは、「ドラえもん学」を研究している横山泰行さん著書「「のび太」という生きかた」(出版社:アスコム)の中から一部を抜粋・編集して、のび太から学ぶ「利他の精神」をご紹介します。

※登場人物のひとり源静香の呼び方は、「しずかちゃん」が広く知られていますが、本書ではマンガでの表記「しずちゃん」を用いることにします。

自分より、まず他人の幸せを望む

人とは本来、自己中心的な生きものであるはずです。誰だって、まず自分の幸せを願うものだと、私は長い間、思い込んでいました。

しかし、のび太とのつき合いを通して、「人には2種類ある」と気づきました。
それは「自分の幸せを優先する人」と、「他人の幸せを優先する人」の2種類です。

で、のび太はというと、まさに後者、他人の幸せを優先して、行動できる人です。
その証拠に、のび太がしずちゃんへの恋心を押し殺そうとする、こんなセリフがあります。

「ぼくなんかのおよめさんになれば、しずちゃんは一生不幸に……」

次の作品は、何とも切ない、けれどもドタバタのラブストーリーです。一緒にあらすじを見ていきましょう。

「しずちゃんさようなら」

学校で、先生にこっぴどく叱られているのび太。
「そんなことじゃろくなおとなになれんぞ!!」と怒られてしまいます。

帰宅したのび太はまず、将来の嫁になる予定のしずちゃんとの関係を断ち切るため、彼女に借りていた本を急に返しに行きます。

また、彼女にきらわれるために、わざとスカートをめくります。
するとしずちゃんはようやく怒って、「きらい!!」と言います。

しずちゃんは、ジャイアンとスネ夫を見かけるも、ふたりの会話から、今日先生にひどく怒られたのび太が、これから自殺をするのではないかと疑います。

のび太の家に駆けつけようとするしずちゃんに気づいたのび太は、あわててドラえもんに「虫スカン」という薬を出してもらいます。

それは「みんなに確実にきらわれる薬」でした。

しかし、一粒だけでよいところを、大量に飲み込んだのび太は、体中から強烈な悪臭を放ち始めます。
ドラえもんもママも、家から逃げ去ってしまいました。

でも、しずちゃんは、気分が悪くなったのび太の「助けて!!」という叫び声を聞いて、倒れているのび太をトイレへ担ぎ込み、「虫スカン」を吐き出させ、救出に成功します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ