無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その手があったか!冷蔵庫の「食べ残しゼロ!作戦」プロ実践!劇的使いやすい7つの収納術

ライフスタイル

こんにちは。整理収納アドバイザー2級認定講師・ヨムーノライターの大木です。

家の中で、物のサイクルが早い場所のひとつは、冷蔵庫です。
毎日何かしらを消費し、購入量も購入間隔も多い。冷蔵庫の中は常に目まぐるしく動いています!

そんな冷蔵庫の中は、ほんの少しルールを決めたりグッズを取り入れたりするだけで、格段に使いやすくなります。

今回は、冷蔵庫を使いやすくするアイデアをご紹介します。

手が一番届きやすい場所が、冷蔵庫のゴールデンゾーン!

ざっくりでOK!すぐ使う食材の棚をまずは決めよう

手を伸ばした肩から腰の高さが、最も使いやすい場所と言われています。

その中でも、手が伸ばしやすくてつい食材を置いてしまいがちな場所が、自分にとってのゴールデンゾーンです!

その棚は今日食べる予定の食材や賞味期限の短くなった食材など、「すぐ手に取らなければならない食材」の
専用場所にしましょう。

調理を始める際、まずはこの棚の食材からチェックすることで、フードロスの削減に繋がります。

ボックスを使って小さな食材までまとめて消費!

食べかけの食材や小さな袋物など、すぐ食べなくてはいけないものは、専用のボックスにまとめておくと迷子にならず、すぐ消費することができます!

取り出しやすく取っ手付きのボックスで、中身はなるべく見えた方が分かりやすくて安心です。
我が家では「早く食べてよ!」とラベルを貼り、まずはこのボックスから覗くことを促しています!

使用頻度の低い常備食材を、まとめて収納する棚も決めておこう

使用頻度はそこまで高くはないけれど、必ず冷蔵庫に入っているものもあると思います。

そうしたものも場所を決めひとまとめにしておくことで、残った場所をイレギュラーに入ってくる食材の収納にしたり、作り置き食材の保管場所になったりします。

必ずある常備食材なので、ボックスなどにまとめた場合は、ラベルを貼って中身を明記し分かりやすくしておきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ