無料の会員登録をすると
お気に入りができます

プロが教える「料理上手」になるコツ

レシピ

“料理上手”と聞くと、どんな人を想像しますか? レストランのような華やかな料理や、手間や時間をかけた料理を作れる人、と答える人も多いのではないでしょうか?

もちろん、それもステキですが、私は“旬の素材をおいしく調理できる人”が、本当の料理上手だなと感じます。

旬の素材を引き立てることができれば、凝ったことをしなくても十分おいしくなります。何より季節の移り変わりを感じながら、生活している女性という意味でも魅力的ですよね。

まずは、料理上手になるコツを知る前に、料理が苦手な人がやりがちなことを考えていきましょう。

料理が苦手な人がやりがちなこと。“~すぎ”

あるあるのひとつは、“~すぎ”という加減の失敗。やりすぎ、多すぎもあれば、少なすぎて物足りないということもあります。

火が強すぎ

例えば、火加減を気にせず、調理をする人って意外と多いんですよ。火が強すぎると、味や焼き加減の失敗につながります。

スープやカレーなどをつくるときも、いったん沸騰させたら、あとは中火でOK。強火のまま続けると、煮詰まって味が変わってしまいます。

混ぜすぎ・さわりすぎ

“混ぜすぎ”“さわりすぎ”という人も少なくないと感じます。

炒めたり、煮込んだりしている間、何度も具材にさわったり、かき混ぜたりしている記憶はありませんか? 混ぜすぎはフライパンや鍋の温度を下げるので、うまく火が入らず食感を失う原因に。また、さわりすぎると柔らかい具材がくずれて、見た目も美しくなくなります。

焼き物は、焼き目が決め手になることもあります。でも、あまりに具材にさわったり、何度もひっくり返したりしていると、おいしい焼き目はできません。ある程度、“ほっておく”ことも、料理をおいしくする秘訣なんです。

少なすぎ

逆に“少なすぎ”の失敗の原因は、下準備にあることが多いかもしれません。

例えば、肉を焼くときに事前にふる塩・コショウが足りなかったり、唐揚げを揚げる前にタレをもみこむ作業が足りず、味がぼやけてしまったり。

サラダのレタスも、買ってきたままを使うと、食感があまりありません。水を吸わせてシャキッとさせるだけで、ずいぶん味が変わります。料理の味が理想通りにならない、何かが足りないと感じたときは、“~すぎ”をうたがってみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ