無料の会員登録をすると
お気に入りができます

下半身の安定感がUP!7つの苦手ポーズを「壁」を使って克服する方法

美容

土台づくりに必須の「押す」感覚を壁で体得

ヨガのポーズで大事なポイントは、下半身でしっかり土台をつくること。つい、手足の大きな動きに気をとられてしまいがちですが、ポーズ中、まず意識したいのは土台の強さ。ここがしっかりしてこそ、伸びる、ねじるといったその他の動きもできるようになるのです。

安定した土台づくりには、足やお尻で床や空間を十分に「押す」ことが大切。押すことで筋肉がきちんと働き、安定するアライメントが整います。押す感覚をつかむには、壁を使って練習するのがいちばん。また、壁を使うことで自分の可動域を知ることができ、今の自分にとってベストなポーズのとり方も知ることができます。

アライメント

1.ウトゥカターサナで上体を起こせない

足裏で床を踏みお尻と頭頂で背中を真っすぐに起こす
足裏でしっかり床を踏み、お尻で後方を押す意識で骨盤を起こすのがコツ。お尻と頭頂で引き合うことで腹筋・背筋が働き、上体が起きます。床と壁を支えに足とお尻の使い方を覚えましょう。

photo by Kenji Yamada

足裏で押す感覚を掴めていない場合
足裏でしっかり床を踏めておらず、上体が起こせていない。

photo by Kenji Yamada

HOW TO
ターダーサナで壁の前に立つ。足先より前に出ない角度で膝を曲げ、足裏で床を踏む。壁にお尻をつけて押しながら、お尻と頭頂を引き合うイメージで背中を伸ばして5呼吸キープ。

ターダーサナ

photo by Kenji Yamada

できる人は
肋骨から上体をねじり、右肘と左膝で押し合う。背中が丸くならないように気をつけて。

photo by Kenji Yamada

2.パリヴルッタアルダチャンドラーサナで深くねじれない

上げた足を後ろへ押し腰をねじるスペースをつくる
ねじれない原因は、下半身の伸びが足らず、背骨~腰が詰まっているから。壁を使って上げた足を後方へ押し、スペースをつくる感覚をつかんで。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ